SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

INAC神戸

1: 名無しさん@恐縮です 2024/02/26(月) 18:05:14.59 ID:DkO0fIZB9
スポニチ
https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2024/02/26/kiji/20240226s00002000421000c.html
[ 2024年2月26日 16:01 ]

 パリ五輪出場をかけた女子五輪最終予選第2戦・北朝鮮戦(28日・国立)を前に、女子サッカー界に激震が走った。名門・INAC神戸が「アスコホールディングス」から「大栄環境株式会社」に株式譲渡されることが26日、決定。3月1日付で新経営体制が発足する。

 INAC神戸レオネッサを運営するアイナックフットボールクラブ株式会社が同日に神戸市内で会見を開き、アスコから大栄環境グループ(G)に株式が100%譲渡され、連結子会社とする譲渡契約が締結されたと発表した。「INAC神戸」のクラブ名は変更せず、本拠も引き続き神戸市に置く。

 アスコの文弘宣会長は「設立から20年経ったら私よりも経済力のある会社に引き継ぎたいとかねてから考えていたが、コロナもあったのでこのタイミングでの引き継ぎとなった。より発展させていただける方にと思っていたので、大栄環境さんとは素晴らしい出会いとなった」と、クラブのさらなる発展を願っての株式譲渡だったことを強調した。

 大栄環境の金子文雄社長は「23年にわたって六甲アイランドで事業をしてきましたので、地域への貢献という思いも込めてクラブを引き受けさせていただくことになった。皇后杯の試合を見させていただいたが、奇跡の優勝にワクワクしながら見させていただいた。今後は私もクラブ経営の一員として盛り上げていきたい」と語った。また「現在も非常に成熟したチーム。世界に名を高めるチームになっていってほしい」と願いを込めた。

 INAC神戸は01年11月に設立。「アスコホールディングス」の文弘宣会長の後押しを受けてチーム強化を推し進め、06年にはなでしこ1部リーグに昇格した。10年に全日本女子選手権(皇后杯)でクラブ初タイトルを獲得すると翌11年には澤穂希、大野忍、近賀ゆかりら大型補強に成功。13年に女子サッカー三冠((リーグ、リーグ杯、皇后杯)を成し遂げるなど黄金期を築き、数多くの女子日本代表選手を輩出した。

 21年9月に開幕したWEリーグでは初代女王。23―24シーズンも首位に付けている。なでしこジャパンに招集されているGK山下杏也加やFW田中美南らを含めて選手には24日前に説明しているという。

 INAC神戸は、今年1月27日にヨドコウ桜スタジアムで行われた第45回皇后杯で三菱重工浦和を破り7大会ぶり7度目の女王に輝いた。試合は、1点を追う後半終了間際にFW高瀬愛実(33)がPKを決めて延長戦へ。1―1のまま突入したPK戦を6―5で制した。

◆国内タイトル
WEリーグ 1回(2021~22)
なでしこリーグ1部 3回(2011、 2012、2013)
なでしこリーグカップ 1回(2013)
皇后杯 JFA全日本女子サッカー選手権大会 7回
2010、2011、2012、2013、2015、2016、2023
◆国際タイトル
国際女子サッカークラブ選手権 1回(2013)
日韓女子リーグチャンピオンシップ 1回(2012)

【INAC神戸が身売りを電撃発表 皇后杯7度目制覇から1カ月…大栄環境Gに全株式譲渡 名称変更せず】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/01/28(日) 00:40:58.37 ID:eS/V2VUo9
サッカーの第45回皇后杯全日本女子選手権最終日は27日、大阪市のヨドコウ桜スタジアムで決勝が行われ、INAC神戸が7大会ぶり7度目の優勝を果たした。三菱重工浦和と対戦、1―1で延長を終えて突入したPK戦を6―5で制した。

INAC神戸は前半に先制を許したものの、後半終了間際に高瀬がPKを決めて追い付いた。延長はともに無得点、PK戦は7人目で決着した。

三菱重工浦和は2大会ぶりの優勝を逃した。

産経新聞2024/1/27 17:50
https://www.sankei.com/article/20240127-WM7H54Z5BVLU3AVHFTV7GYCWEM/

【サッカー皇后杯決勝 INAC神戸が7度目の優勝】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/11/29(水) 13:48:11.62 ID:17YqAinl9
 INAC神戸レオネッサの安本卓史代表取締役社長が、今月28日にX(旧ツイッター)を更新。
少人数によるクラブ運営の実態を明かしたほか、WEリーグ(日本女子プロサッカーリーグ)事務局からの要求や対応等に、厳しい言葉を投げかけている。

安本社長はWEリーグに関する情報を度々発信。
自身のXアカウントで毎節、各試合会場の観客動員数をファン・サポーターに向けて伝えているが、これに北海道サッカー協会道央ブロック技術委員の永田敏彦が「このままでは現場は大変。安本社長の投稿から、リーグ側も何かを感じてもらい、そして何かの施策に繋がれば」と指摘した。

すると同社長は「ビジネスの側面からは数字が絶対的な評価で、これだけ頑張ってますからと言って良いのはアマチュアの世界です。プロとしてやるならお客さんを集め、人気を集めとやらなくてはなりません。おっしゃる通りで、リーグはここに目を背けてはなりません」と前置きした上で、INAC神戸のクラブ運営について以下のように綴っている。

 「Jリーグ傘下のチームは男女兼用スタッフがいるところもありますが、弊クラブは6人のスタッフで運営しています。
運営兼チケット担当、営業兼グッズ兼理念推進担当、広報担当、スクール兼ホームタウン担当、アカデミー統括兼渉外兼試合運営サポート担当、ファンクラブ兼広報兼経営企画(デジタルコンテンツ)担当、そして社長兼営業兼スタジアムDJ兼ホームタウン兼広報兼行政担当の私」

「アイデアを絞り、工夫をしながら運営をしていて、スタッフは疲弊する日もありますが、仕事を楽しみながらやってくれています。選手もそれを見て、なお一層頑張ろうと感じてくれていると思います。それがスタッフの励みにもなっています」

 その上で、安本社長はリーグ側の指摘や対応と現場サイドの実態に乖離があることを明かしている。

「リーグ事務局からは『おたくは人数が少ないから人を入れなさい』と指摘を受けています。お金があったらとっくに入れてる」

 「チーム人件費を確保し、スタッフ人件費を捻出し、スタジアム利用料(ノエスタ=WEリーグで最も高い)・警備費を出し、遠征費を出し、とするなら4億円以上かかります。リーグからの配分金はたったの3千万円。
年会費は2千万円。タイトルパートナーはどうなった?賛助会員はどれだけ集まった?アプリはどれだけの人がダウンロードしている?渋谷の発信拠点にはどれくらいの人が来ている?」

 「全部数字で測る事が重要です。だから、私は各地の人数を毎試合調べて、自分たちの現在地を計っています。そのついでに結果も速報としてお出ししています。少しでも結果に興味を持っていただけるように」

今年夏のFIFA女子ワールドカップでなでしこジャパン(日本女子代表)がベスト8まで勝ち進んでから、3か月後に開幕した2023/24シーズンのWEリーグ。女子サッカーの人気回復にむけての課題が浮き彫りになっている。

2023.11.29 FOOTBALL TRIBE
https://football-tribe.com/japan/2023/11/29/289025/

【人気・観客数低迷の要因は?WEリーグの指摘に神戸社長反発「渋谷の発信拠点にはどれくらいの人が来ている?」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/08(日) 22:01:26.03 ID:CAP_USER9
8日、「2021-22 Yogibo WEリーグ」第20節のノジマステラ神奈川相模原 vs INAC神戸レオネッサが相模原ギオンスタジアムで行われ、3-0でINAC神戸が勝利。この結果、INAC神戸の優勝が決定した。

引き分け以上で優勝が決まるINAC神戸は、序盤はセットプレーの守備が続いた。優勝へプレッシャーが重心を後ろに下げたかと思われたが、山下杏也加のキックが状況を一変させる。8分にフィード1本で背後を取ると、田中美南がボックス内まで持ち込み、左足で流し込んだ。

この2試合は足踏みしているとはいえ、リーグ最少失点を誇るINAC神戸。15分の杉田亜未のシュートも山下がきっちりセーブし、ボール奪取後のポゼッションにも落ち着きを取り戻したかに思われた。

だが、時間の経過とともに再びノジマステラの圧力に押され、28分にはゴール前に流れたボールから杉田にあわやの場面を作られる。ショートカウンターからもボックス内で杉田にシュートを許したが、これはバーを越えた。

後半の立ち上がりにINAC神戸は守屋に代えて育成組織出身の天野紗を投入。右サイドの活性化を図るが、立て続けのチャンスを作ったのはノジマステラだった。脇阪麗奈のミドルや松本茉奈加の一対一など、山下の出番が続いた。

69分には再び山下のフィードから2トップの2人で決定機まで持ち込むが決め切れず、逆に佐々木美和のシュートがクロスバーをたたく。

それでも70分、天野のクロスからチャンスを作ると、こぼれ球を成宮唯がつないで最後は田中がペナルティアーク内からのコントロールショットを右隅に沈めた。2分後には伊藤美紀が左の深い位置まで突破すると、クリアボールを成宮が蹴り込み、一気にリードを広げる。

大量リードを奪ったINAC神戸は、このままゲームをシャットアウト。決して盤石とは言えない内容ながらも、要所を締めた戦いで勝利をつかみ、WEリーグ初代女王の称号を手にした。

ノジマステラ神奈川相模原 0-3 INAC神戸レオネッサ
【INAC神戸】
田中美南(前8、後25)
成宮唯(後27)

https://news.yahoo.co.jp/articles/3e82476aa8abaed2520bb02e9d82593f0ad96d07

【WEリーグ第20節 INAC神戸が優勝決める! 田中美南の2発などでノジマを下し初代女王に】の続きを読む

このページのトップヘ