SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

J3

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/13(日) 18:51:28.10 ID:TjvXWB/l9
11/13(日) 17:00配信

静岡放送(SBS)

サッカーJ3アスルクラロ沼津は11月13日、来季の監督に、元日本代表でクラブOBの中山雅史氏(55)が就任すると発表しました。中山氏は同日付でJ1ジュビロ磐田のコーチの退任を発表、自身初めての監督就任となります。

中山氏は静岡県岡部町(現藤枝市)出身。藤枝東高、筑波大を経て、ヤマハ発動機に加入、ジュビロ磐田では通算157ゴールを挙げ、チームの黄金期を支えました。磐田を退団後、札幌に移籍。2012年に“第一線”を退く発表をしましたが、その3年後に沼津で“電撃復帰”。2019年からは沼津U-18のコーチ、2021年からはジュビロ磐田のコーチを務めていました。

今季の沼津は33試合を終え、現在リーグ15位。“隊長”の愛称で親しまれた中山氏が、どんなチームを作り上げていくのか、その手腕に注目が集まります。

また、沼津は、シーズン途中から指揮を執っていた望月一仁監督(64)の今季限りでの退任をあわせて発表しています。

https://news.yahoo.co.jp/articles/fe7d6cd0539df3522c818afef09452b6ce013ad6

https://news-pctr.c.yimg.jp/uUzvQ3lML_bkIqyakc1vFhNrRI0RUQxg5aFkrX0xDg1_T0wXrbEJjtNGtrf1o9y3CflXDDJ_ISqZnnmAYTi4d3kpfc5xcoUtwN2VlypAtaLWOY-kuMt09yZa6CRR3C9NoFw0VBn1nTyATiQ_PXvJWs_HkTw6scjLqab0aInpK0p8_htJGcvTqgab7M5_H8fh

【“ゴン監督”ついに誕生!中山雅史、J3沼津の来季監督へ就任 古巣で指揮官としての第一歩踏み出す】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/05(土) 21:59:38.76 ID:GjStZHZz9
https://pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20221104-00000012-minami-000-1-view.jpg
宮崎戦、ゴールを決め喜ぶ鹿児島Uイレブン=10月16日、鹿児島市の白波スタジアム

現在4位の鹿児島ユナイテッド残り3戦、J2昇格の可能性は? 鍵握る若手の活躍
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20221104-00000012-minami-l46

 サッカーの鹿児島ユナイテッドFC(鹿児島U)は今季、「J3優勝、J2昇格」を目標に掲げる。10月30日の第31節を終え、19勝3分け9敗の4位。勝ち点60で、首位いわきを9差で追う。鹿児島Uが残り3試合を全勝し、いわきが全敗しても得失点差で下回っていれば優勝は難しい。いわきに勝たなければ、優勝の可能性は消滅する。

 ただ昇格を諦めるにはまだ早い。1試合あたり勝ち点2が昇格の目安と言われており、今季のJ3では「68」。鹿児島Uが3戦全勝すれば「69」となる。ライバルは2位藤枝と3位松本。勝ち点3差で追う中、全勝して両チームにプレッシャーを与えたい。

 35歳のロメロや木村、32歳の五領など30代のスタメン起用が多い鹿児島U。シーズン終盤は主力を故障で欠いたゲームや、疲労がたまっているように見える試合もあった。途中出場する機会の多い山本ら若手の活躍に期待したい。

 第32節は、鹿児島U-いわきだけでなく、上位同士の対戦ばかりだ。鹿児島Uが勝たなければ、藤枝や松本の結果次第で、いわきの昇格や優勝が決まる可能性もある。

 鹿児島Uは、開幕戦でいわきに1-1と引き分けた。フィジカルの強い選手を相手に簡単に倒れず、競り負けない姿が目立った。次節も意地を見せて対抗できるか。DF薩川は「首位相手に『昇格するんだ』という気持ちを見せられるかの戦いになる」と全力を尽くす覚悟だ。

【写真】【一目でわかる】J3上位4チームの今後の日程と対戦相手
https://373news.com/_photo/2022/11/20221104S102848-upload_image_2.jpg

【J3現在4位の鹿児島ユナイテッド残り3戦、J2昇格の可能性は? 鍵握る若手の活躍】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/26(水) 19:20:27.52 ID:GjcanlCP9
DeNAは26日、この日開催した取締役会でJ3・SC相模原を運営するスポーツクラブ相模原の発行済株式の74・2%を追加取得することを決定したと発表した。

これにより同社が保有する株式は93・2%となり、スポーツクラブ相模原はDeNAの連結子会社となるという。追加取得はJリーグのチェアマンの承認を経て、11月2日に正式決定となる見込みで、株式取得日は来年2月1日を予定している。

 クラブ名は連結子会社化後もSC相模原を使用する。

連結子会社化に伴い、現在、DeNAスポーツ事業本部戦略部長の西谷義久氏が代表取締役社長に就任予定。現在の小西展臣社長は取締役に就任し、望月重良会長は取締役を退任するが、創業者兼フェローとして経営陣へのアドバイスなどクラブを支援していく。

DeNAは21年4月からSC相模原への協賛を開始し、株式19%を取得。経営参画していた。株式の追加取得に至った経緯については「望月氏と協議を重ね、今後クラブがJ2、J1へと昇格しながら地域貢献を拡大していくためには、DeNAの経営関与をより高めていく必要があるとの考えに共に至りました」と説明。
「DeNAは、これまでクラブが15年間にわたって地域や行政、クラブに関わる全ての人々とともに培い育んできた歴史や関わりを尊重しながら、SC相模原が原動力となって街をさらに活気づけていくために全力を尽くしたいと考えています」と、展望をつづった。

https://www.daily.co.jp/soccer/2022/10/26/0015754991.shtml?pg=2

【DeNAがJリーグに本格参入 J3・SC相模原運営クラブを子会社化 株式追加取得で9割超保有見込み】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/21(金) 22:59:57.01 ID:smJC/iQ99
10/21(金) 22:38配信
デイリースポーツ

 J3宮崎の元日本代表FW工藤壮人(くどう・まさと)さんが21日午後2時50分に死去した。32歳。クラブが同日、発表した。

 工藤さんは2日の練習時間外に体調不良を訴え、3日に医療機関を受診。検査の結果、水頭症と診断された。11日に手術を行ったが容態が悪化。17日から集中治療室(ICU)で治療に専念していた。水頭症は脳室に過剰な脳脊髄液が溜まったために脳を圧迫し、さまざまな障害を引き起こす。

 東京都出身の工藤さんは柏の下部組織からトップチームに昇格。米メジャーリーグサッカー(MLS)バンクーバー、広島、山口、オーストラリアAリーグのブリスベンを経て、今季から宮崎に加入し、21試合で3得点を挙げていた。

 柏に所属していた2013年に日本代表に初選出され、同年7月の東アジア・カップ中国戦では日本代表史上27人目となる初出場初得点を決めた。J1通算192試合60得点、J2通算54試合14得点、J3通算21試合3得点。国際Aマッチ通算4試合2得点。

 宮崎の二村恵太社長はクラブを通じ「私たちの大切な仲間である工藤壮人が息を引き取りました。工藤選手を応援するサポーターや関係各所の皆様から、多くの励ましのメッセージをいただいたこと、クラブを代表し、御礼申し上げます。

 工藤選手はJ1で活躍し、日本代表にも選ばれるなど、非常に実績がある選手です。それにも関わらず、驕りなどは一切なく、自分のことだけでなくチームメート、クラブ、そしてサポーターのことを大切にする素晴らしい姿勢の持ち主でした。クラブスローガン『真摯』をまさに体現してくれる存在でした。

 そのような選手のあまりにも早い逝去は、無念で残念でなりません。

 選手、スタッフ、クラブ一同はまだ気持ちの整理ができない状況もございますが、工藤選手が宮崎に、クラブに残してくれたものを大切に引き継ぎ、精進して参りたいと思います。そして、工藤選手が信頼してくれたクラブをより良いクラブにすることで、少しでも恩返しして参りたいと思っております。

 工藤選手、テゲバジャーロ宮崎に来てくれて、力になってくれて、本当にありがとうございました」と追悼のコメントを寄せた。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20221021-00000139-dal-000-13-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/e1760bedb234a8f164059f85793cc00411e7bb77

【水頭症で入院のサッカー元日本代表FW工藤壮人さんが死去 32歳 J3宮崎が発表】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/15(日) 21:07:50.79 ID:CAP_USER9
 明治安田生命J3リーグ第9節の全9試合が15日に各地で開催された。

 昇格組ながらも前節首位浮上を果たしたいわきFCはホームで藤枝MYFCと対戦し、2-2のドロー。勝ち点で並び3位につけていた鹿児島ユナイテッドFCは、アウェイでFC今治に1-0の勝利を収めた。

 前節時点で4位の福島ユナイテッドFCはFW高橋潤哉の2得点などでガイナーレ鳥取に4-0の快勝。カターレ富山もMF川西翔太の2得点などで最下位のY.S.C.C.横浜を5-1と粉砕した。

 ヴァンラーレ八戸はギラヴァンツ北九州に1-0で勝利して4連敗をストップ。アスルクラロ沼津と愛媛FCは1-1、テゲバジャーロ宮崎とカマタマーレ讃岐は0-0でそれぞれ引き分けている。

 ナイトゲームではAC長野パルセイロと松本山雅FCが、Jリーグの舞台では初となる“信州ダービー”で激突。上位対決としても注目の一戦は1万3000人以上の観客を集め、白熱した戦いの末にスコアレスドローに終わった。

 もう1試合のナイトゲームではFC岐阜が2-0でSC相模原に勝利。今節を終えた段階で鹿児島が首位に浮上し、福島、いわき、松本が2ポイント差で続いている。

▽J3第9節
いわき 2-2 藤枝
沼津 1-1 愛媛
鳥取 0-4 福島
今治 0-1 鹿児島
宮崎 0-0 讃岐
八戸 1-0 北九州
富山 5-1 YS横浜
長野 0-0 松本
岐阜 2-0 相模原

https://news.yahoo.co.jp/articles/76d171fd4c0226c21e711a37d67b6780fc250bfd

【【試合結果】J3第9節 J初の“信州ダービー”は白熱のドロー。鹿児島ユナイテッドが首位浮上】の続きを読む

このページのトップヘ