SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

MLS

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/28(火) 10:04:07.86 ID:CAP_USER9
メジャーリーグサッカー(MLS)のロサンゼルスFCが27日、レアル・マドリーを退団するウェールズ代表FWガレス・ベイル(32)をフリーで獲得した。契約期間は2023年6月30日までで、1年間の延長オプションが付随している。

2013年にトッテナムから加入したベイル。5回のチャンピオンズリーグ(CL)制覇など、計15個ものチームタイトルに貢献してきたが、近年は相次ぐ故障やウェールズ代表での活動を重視する姿勢もあり、クラブとの関係が悪化。今季最終年の契約をもっての退団が決定していた。

現役引退も囁かれた去就だが、母国のカタール・ワールドカップ(W杯)出場でなくなると、カーディフやトッテナムなどが獲得に乗り出していたが、ユベントスを退団した元イタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニに続き、ロサンゼルスFC入りを選択。アメリカに拠点を移して、今年11月のカタールW杯を迎えることになった。

新天地の決まったベイルは、クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。

「ロサンゼルスFCへの移籍に非常に興奮している。ここは僕と家族にとって、そして僕のキャリアの中で適切な場所であり、チームと一緒に働き始め、ロサンゼルスでより多くのトロフィーを獲得する準備をするのが待ちきれないよ」

https://news.yahoo.co.jp/articles/63eb8e6bb1363ae8a205f8b9ce2569dd3aa9aa1c

【ロサンゼルスFCがウェールズ代表FWベイルの獲得を正式発表!】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/21(木) 14:47:30.84 ID:CAP_USER9
フランス1部パリ・サンジェルマン(PSG)のスペイン代表DFセルヒオラモス(36)が今季限りで退団する可能性が浮上した。

 スペイン紙「マルカ」など各メディアによると、フランス紙「パリジャン」の報道をもとにして「PSGがセルヒオラモスに来季の計画に入っていないことを伝えた」とし、クラブ側は2023年6月末までの契約を今シーズン限りで終了することを検討しているという。

 今季スペイン1部レアル・マドリードから加入したセルヒオラモスは負傷などもあって、ここまでリーグ7試合(先発3)出場。年俸15億円と高給取りであることから、PSGは近日中に開かれる役員会議で同選手の処遇について議論する予定。すでに引き留めるつもりはなく「彼の時間を終わらせる準備ができている」と伝えている。

 各メディアはセルヒオラモスの今後について米メジャーリーグサッカー(MLS)で元イングランド代表MFデービッド・ベッカム氏が共同オーナーを務めるインテル・マイアミやロサンゼルス・ギャラクシーが獲得に動くことを予想。またスペインメディア「クアトロ」は以前、同選手が日本メーカー「ミズノ」とスパイク契約したことからJリーグ入りの可能性があると指摘し、J1神戸の名前を挙げていた。

 かねてセルヒオラモス自身はPSG残留を望んでいると報じられている中、今後の動向が注目されそうだ。

東京スポーツ

https://news.yahoo.co.jp/articles/67cebd1ecc1fb22c3921e311d076e71060036257

【パリSGが今季限りでセルヒオラモスとの契約を終了へ 今夏のMLSとJ1神戸入りが浮上】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/08(火) 20:40:23.22 ID:CAP_USER9
コロナ禍において衝撃的な記録が生まれた。

場所はアメリカ、メジャーリーグ・サッカー(MLS)の舞台。2022シーズンから参戦した30番目のクラブであるシャーロットFCが偉業を達成した。

【写真&動画】圧巻の7万4479人の大観衆! そしてファンの喜びと大歓声
https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=414449&div=movie&from=yahoonews_extra 

5日、シャーロットFCはMLS第2節でホームにロサンゼルス・ギャラクシーを迎えた。

本拠地、バンク・オブ・アメリカ・スタジアムで行われる初のMLSの試合。シャーロットFCにとってのMLSで最初のホームゲームとなったが、大勢の観衆がスタンドに集まった。

その数はなんと7万4479人。27年目のMLSで最多の記録となり、2018年にアトランタ・ユナイテッドがMLSカップで記録した7万3019人を超える人数が集まった。

キックオフの10時間前には、シャーロット地区はクラブカラーである水色に覆われ、通りや公園、バーなどでは多くのユニフォームを着たファンで埋め尽くされたという。

試合が近づくにつれ、スタジアムへ向かう人が増え、チャントを歌ったり、ドラムが鳴らされたりと、お祭りムードとなっていたようだ。

そして試合前、シャーロットFCの選手たちがピッチに登場すると観客は大歓声を挙げ、選手たちを迎えたようだ。

コロナ禍においては異常とも言える人数が集まった試合。感染対策が行われている日本とは大きく状況が異なるが、クラブのトップディビジョン初のホームゲームは一生に一度。それだけの思いが詰まっていたということだろう。

なお、試合は0-1でロサンゼルス・ギャラクシーが勝利。ホーム初勝利はお預けとなった。
 
3/7(月) 21:40
https://news.yahoo.co.jp/articles/89d06b4426a29df5188fab6f792f072288833028

写真
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220307-00414449-usoccer-000-2-view.jpg?pri=l&w=640&h=410&exp=10800

【シャーロットFC、コロナ禍で史上最多7万4479人を動員! MLS新規参入クラブが初のホームゲームで新記録更新】の続きを読む

このページのトップヘ