SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

MotoGP

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/15(日) 21:57:12.43 ID:CAP_USER9
5/15(日) 21:46配信 オートスポーツweb
https://news.yahoo.co.jp/articles/d1f5f41e868b5181088b78a17817767675597b50

 5月15日、2022年MotoGP第7戦フランスGP MotoGPクラスの決勝がフランスのル・マン-ブガッティ・サーキットで行われ、エネア・バスティアニーニ(グレシーニ・レーシングMotoGP)が優勝を飾った。2位はジャック・ミラー(ドゥカティ・レノボ・チーム)、3位はアレイシ・エスパルガロ(アプリリア・レーシング)が続いている。中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)は7位に入っている。

■2022年MotoGP第7戦フランスGP MotoGP決勝(27周)
天候:晴れ 路面:ドライ
Pos./No./Rider/Team/Motorcycle
1/23/エネア・バスティアニーニ/グレシーニ・レーシングMotoGP/ドゥカティ
2/43/ジャック・ミラー/ドゥカティ・レノボ・チーム/ドゥカティ
3/41/アレイシ・エスパルガロ/アプリリア・レーシング/アプリリア
4/20/ファビオ・クアルタラロ/モンスターエナジー・ヤマハMotoGP/ヤマハ
5/5/ヨハン・ザルコ/プラマック・レーシング/ドゥカティ
6/93/マルク・マルケス/レプソル・ホンダ・チーム/ホンダ
7/30/中上貴晶/LCRホンダ・イデミツ/ホンダ
8/33/ブラッド・ビンダー/レッドブルKTMファクトリー・レーシング/KTM
9/10/ルカ・マリーニ/ムーニーVR46レーシング・チーム/ドゥカティ
10/12/マーベリック・ビニャーレス/アプリリア・レーシング/アプリリア
11/44/ポル・エスパルガロ/レプソル・ホンダ・チーム/ホンダ
12/72/マルコ・ベゼッチ/ムーニーVR46レーシング・チーム/ドゥカティ
13/49/ファビオ・ディ・ジャンアントニオ/グレシーニ・レーシングMotoGP/ドゥカティ
14/73/アレックス・マルケス/LCRホンダ・カストロール/ホンダ
15/21/フランコ・モルビデリ/モンスターエナジー・ヤマハMotoGP/ヤマハ
16/4/アンドレア・ドヴィツィオーゾ/WithUヤマハRNF・MotoGPチーム/ヤマハ
17/40/ダリン・ビンダー/WithUヤマハRNF・MotoGPチーム/ヤマハ
RT/88/ミゲール・オリベイラ/レッドブルKTMファクトリー・レーシング/KTM
RT/63/フランセスコ・バニャイア/ドゥカティ・レノボ・チーム/ドゥカティ
RT/89/ホルヘ・マルティン/プラマック・レーシング/ドゥカティ
RT/36/ジョアン・ミル/チーム・スズキ・エクスター/スズキ
RT/25/ラウル・フェルナンデス/テック3KTMファクトリー・レーシング/KTM
RT/42/アレックス・リンス/チーム・スズキ・エクスター/スズキ
RT/87/レミー・ガードナー/テック3KTMファクトリー・レーシング/KTM

【2022第7戦フランスGP MotoGP決勝の結果】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/01(日) 20:09:40.15 ID:CAP_USER9
投稿日: 2022.05.01 20:00
更新日: 2022.05.01 20:03
https://www.as-web.jp/bike/810735?all
https://cdn-image.as-web.jp/2022/05/01195720/asimg_wg220430001_Moto2_023H_88626e679052271-764x510.jpg

 5月1日、2022年MotoGP第6戦スペインGP Moto2クラスの決勝レースがスペインのヘレス・サーキット‐アンヘル・ニエトで行われ、日本人ライダーの小椋藍(IDEMITSU Honda Team Asia)がキャリア初優勝を飾った。

 2018年に同地ヘレスでMoto3デビューを果たしは小椋は、2年目に2位を1度獲得し、初めて表彰台に上った。3年目は1度のポールポジションと7度の表彰台を獲得したが、優勝には一歩届かなかった。


 そして、2021年からMoto2クラスに昇格し、2位表彰台を1度獲得。今シーズンは5戦を終えて2度の表彰台に上り、さらに今大会はMoto2クラス初のポールポジションを獲得していた。

 23周の決勝レースはホールショットを奪い、トップを快走。9周目にはアロン・カネト(Flexbox HP40)、トニー・アルボリーノ(ELF Marc VDS Racing Team)とともに3台が抜けだす形となった。

 小椋は、ラスト5周は後続に1秒以上、ラスト3周は2秒差をつけて単独で走行する。ファイナルラップはさらにギャップを築き、一度もトップを譲ることなく見事1位でフィニッシュした。

 ロードレース世界選手権にデビューしてから60戦目(Moto3で37戦、Moto2で23戦)となった小椋は、2022年MotoGP第6戦スペインGP Moto2クラスで初の優勝を飾ったことになる。

 日本人ライダーが2010年にはじまったMoto2クラスで表彰台に上るのは4人目。2010年の富沢祥也と高橋裕紀、2016・2017年の中上貴晶、2020年第1戦カタールGPで勝利した長島哲太以来となる。

【MotoGP第6戦スペインGP 小椋藍、Moto2初優勝達!ポール・トゥ・ウインで今季3度目の表彰台】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/20(日) 15:17:19.70 ID:CAP_USER9
3/20(日) 15:08配信 motorsport.com 日本版
https://news.yahoo.co.jp/articles/7af82b5049800183d41243514e3e762ad1a0e14a

 MotoGP第2戦インドネシアGPのMoto2クラス決勝がマンダリカ・インターナショナル・サーキットで開催。このレースで優勝を果たしたのは、Idemitsu Honda Team Asiaのソムキアット・チャントラだった。
結果

 予選でポールポジションを獲得したのはジェイク・ディクソン(Inde GASGAS Aspar Team)。2番手にはアウグスト・フェルナンデス(Red Bull KTM Ajo)、3番手にはサム・ロウズ(ELF Marc VDS Racing Team)が並んだ。日本勢の小椋藍(Idemitsu Honda Team Asia)は苦戦し、20番グリッドからのスタートだ。

 なお決勝レーススタート前に、トラックコンディションにより当初予定から3分の2となる”全16周”へと減じられることが決まった。

 レースがスタートすると、ホールショットはチャントラが奪取。2番手争いが激しく展開されると、カネットがそのポジションを守り、ロウズがそこに続いた。

 先頭を行くチャントラは2番手以下との差を広げる走りを見せた。レースの約3分の1となる5周を終えた時、ギャップは1.5秒にまで広がっていた。

 この頃、ディクソン、シモーネ・コルシ(MV Agusta Forward Team)が続けざまに転倒。一部映像に雨粒が付着しているシーンもあり、降雨を示すレッドクロス旗も掲示。影響が心配された。

 チャントラが逃げ続ける中、2番手争いはカネットとセレスティーノ・ビエッティ(Mooney VR46 Racing Team)によるバトルに。8周目にはビエッティがオーバーテイクしていき、2番手が入れ替わった。

 チャントラ、ビエッティ、カネットの上位3人はレース後半はそれぞれが単独走行の形になり、淡々と残りラップを消化していった。

 先頭のチャントラは3秒のギャップを持って最終ラップに突入。最後には後方を振り返って最終コーナーを立ち上がると、ウイリーで歓喜のトップチェッカー。キャリア初、そしてタイ人ライダーとして初のグランプリ優勝を果たした。2位はビエッティ、3位はカネットだ。

 また優勝したチャントラのチームメイトである小椋は、スタートで一時的にポジションを落とすシーンこそあったが、レースを通じてオーバーテイクを繰り返し、最終的に6位と大幅にポジションを上げてフィニッシュを果たしている。

【MotoGP第2戦インドネシアGP・Moto2クラス決勝 出光ホンダのチャントラ、タイ人初のグランプリ優勝! 小椋藍も追い上げ6位】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/01(日) 21:58:37.12 ID:CAP_USER9
5/1(日) 21:48配信 オートスポーツweb
https://news.yahoo.co.jp/articles/a4f815ca47bb82f47901ce727a904cc5ccc01d42

 5月1日、2022年MotoGP第6戦スペインGP MotoGPクラスの決勝がスペインのヘレス・サーキット‐アンヘル・ニエトで行われ、フランセスコ・バニャイア(ドゥカティ・レノボ・チーム)が優勝を飾った。2位はファビオ・クアルタラロ(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)、3位はアレイシ・エスパルガロ(アプリリア・レーシング)が続いている。中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)は7位となっている。

■2022年MotoGP第6戦スペインGP MotoGP決勝(25周)
天候:晴れ 路面:ドライ
Pos./No./Rider/Team/Motorcycle
1/63/フランセスコ・バニャイア/ドゥカティ・レノボ・チーム/ドゥカティ
2/20/ファビオ・クアルタラロ/モンスターエナジー・ヤマハMotoGP/ヤマハ
3/41/アレイシ・エスパルガロ/アプリリア・レーシング/アプリリア
4/93/マルク・マルケス/レプソル・ホンダ・チーム/ホンダ
5/43/ジャック・ミラー/ドゥカティ・レノボ・チーム/ドゥカティ
6/36/ジョアン・ミル/チーム・スズキ・エクスター/スズキ
7/30/中上貴晶/LCRホンダ・イデミツ/ホンダ
8/23/エネア・バスティアニーニ/グレシーニ・レーシングMotoGP/ドゥカティ
9/72/マルコ・ベゼッチ/ムーニーVR46レーシング・チーム/ドゥカティ
10/33/ブラッド・ビンダー/レッドブルKTMファクトリー・レーシング/KTM
11/44/ポル・エスパルガロ/レプソル・ホンダ・チーム/ホンダ
12/88/ミゲール・オリベイラ/レッドブルKTMファクトリー・レーシング/KTM
13/73/アレックス・マルケス/LCRホンダ・カストロール/ホンダ
14/12/マーベリック・ビニャーレス/アプリリア・レーシング/アプリリア
15/21/フランコ・モルビデリ/モンスターエナジー・ヤマハMotoGP/ヤマハ
16/10/ルカ・マリーニ/ムーニーVR46レーシング・チーム/ドゥカティ
17/4/アンドレア・ドヴィツィオーゾ/WithUヤマハRNF・MotoGPチーム/ヤマハ
18/49/ファビオ・ディ・ジャンアントニオ/グレシーニ・レーシングMotoGP/ドゥカティ
19/42/アレックス・リンス/チーム・スズキ・エクスター/スズキ
20/87/レミー・ガードナー/テック3KTMファクトリー・レーシング/KTM
21/32/ロレンツォ・サバドーリ/アプリリア・レーシング/アプリリア
22/89/ホルヘ・マルティン/プラマック・レーシング/ドゥカティ
RT/6/ステファン・ブラドル/チームHRC/ホンダ
RT/5/ヨハン・ザルコ/プラマック・レーシング/ドゥカティ
RT/40/ダリン・ビンダー/WithUヤマハRNF・MotoGPチーム/ヤマハ

【2022第6戦スペインGP MotoGP決勝の結果】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/24(日) 22:08:05.78 ID:CAP_USER9
4/24(日) 21:47配信 オートスポーツweb
https://news.yahoo.co.jp/articles/0a196cfa394a41ccb066e85db5891414dc1f11b7

 4月24日、2022年MotoGP第5戦ポルトガルGP MotoGPクラスの決勝がポルトガルのアウトドローモ・インターナショナル・アルガルベで行われ、ファビオ・クアルタラロ(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)が優勝を飾った。2位はヨハン・ザルコ(プラマック・レーシング)、3位はアレイシ・エスパルガロ(アプリリア・レーシング)が続いている。中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)は16位となっている。

 ラウル・フェルナンデス(テック3KTMファクトリー・レーシング)は、23日に行われた予選Q1で転倒を喫し、右手を強打。ウォームアップ走行前にメディカルチェックを受けた結果、骨折がないことが確認されたが、決勝への出走許可が降りず今大会は欠場となった。

■2022年MotoGP第5戦ポルトガルGP MotoGP決勝(25周)
天候:曇り 路面:ドライ
Pos./No./Rider/Team/Motorcycle
1/20/ファビオ・クアルタラロ/モンスターエナジー・ヤマハMotoGP/ヤマハ
2/5/ヨハン・ザルコ/プラマック・レーシング/ドゥカティ
3/41/アレイシ・エスパルガロ/アプリリア・レーシング/アプリリア
4/42/アレックス・リンス/チーム・スズキ・エクスター/スズキ
5/88/ミゲール・オリベイラ/レッドブルKTMファクトリー・レーシング/KTM
6/93/マルク・マルケス/レプソル・ホンダ・チーム/ホンダ
7/73/アレックス・マルケス/LCRホンダ・カストロール/ホンダ
8/63/フランセスコ・バニャイア/ドゥカティ・レノボ・チーム/ドゥカティ
9/44/ポル・エスパルガロ/レプソル・ホンダ・チーム/ホンダ
10/12/マーベリック・ビニャーレス/アプリリア・レーシング/アプリリア
11/4/アンドレア・ドヴィツィオーゾ/WithUヤマハRNF・MotoGPチーム/ヤマハ
12/10/ルカ・マリーニ/ムーニーVR46レーシング・チーム/ドゥカティ
13/21/フランコ・モルビデリ/モンスターエナジー・ヤマハMotoGP/ヤマハ
14/87/レミー・ガードナー/テック3KTMファクトリー・レーシング/KTM
15/72/マルコ・ベゼッチ/ムーニーVR46レーシング・チーム/ドゥカティ
16/30/中上貴晶/LCRホンダ・イデミツ/ホンダ
17/40/ダリン・ビンダー/WithUヤマハRNF・MotoGPチーム/ヤマハ
18/32/ロレンツォ・サバドーリ/アプリリア・レーシング/アプリリア
RT/49/ファビオ・ディ・ジャンアントニオ/グレシーニ・レーシングMotoGP/ドゥカティ
RT/36/ジョアン・ミル/チーム・スズキ・エクスター/スズキ
RT/43/ジャック・ミラー/ドゥカティ・レノボ・チーム/ドゥカティ
RT/33/ブラッド・ビンダー/レッドブルKTMファクトリー・レーシング/KTM
RT/23/エネア・バスティアニーニ/グレシーニ・レーシングMotoGP/ドゥカティ
RT/89/ホルヘ・マルティン/プラマック・レーシング/ドゥカティ

【2022第5戦ポルトガルGP MotoGP決勝の結果】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/11(月) 06:11:42.67 ID:CAP_USER9
4/11(月) 3:51配信 オートスポーツweb
https://news.yahoo.co.jp/articles/6fe99c50b77de81f0961409d0920e0b2d6d6757e

 4月10日、2022年MotoGP第4戦アメリカズGP MotoGPクラスの決勝がアメリカのサーキット・オブ・ジ・アメリカズで行われ、エネア・バスティアニーニ(グレシーニ・レーシングMotoGP)が優勝を飾った。2位はアレックス・リンス(チーム・スズキ・エクスター)、3位はジャック・ミラー(ドゥカティ・レノボ・チーム)が続いている。中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)は14位となっている。

■2022年MotoGP第4戦アメリカズGP MotoGP決勝(20周)
天候:晴れ 路面:ドライ
Pos./No./Rider/Team/Motorcycle/Time/Gap
1/23/エネア・バスティアニーニ/グレシーニ・レーシングMotoGP/ドゥカティ/41'23.111
2/42/アレックス・リンス/チーム・スズキ・エクスター/スズキ/+2.058
3/43/ジャック・ミラー/ドゥカティ・レノボ・チーム/ドゥカティ/+2.312
4/36/ジョアン・ミル/チーム・スズキ・エクスター/スズキ/+3.975
5/63/フランセスコ・バニャイア/ドゥカティ・レノボ・チーム/ドゥカティ/+6.045
6/93/マルク・マルケス/レプソル・ホンダ・チーム/ホンダ/+6.617
7/20/ファビオ・クアルタラロ/モンスターエナジー・ヤマハMotoGP/ヤマハ/+6.76
8/89/ホルヘ・マルティン/プラマック・レーシング/ドゥカティ/+8.441
9/5/ヨハン・ザルコ/プラマック・レーシング/ドゥカティ/+12.375
10/12/マーベリック・ビニャーレス/アプリリア・レーシング/アプリリア/+12.642
11/41/アレイシ・エスパルガロ/アプリリア・レーシング/アプリリア/+12.947
12/33/ブラッド・ビンダー/レッドブルKTMファクトリー・レーシング/KTM/+13.376
13/44/ポル・エスパルガロ/レプソル・ホンダ・チーム/ホンダ/+17.961
14/30/中上貴晶/LCRホンダ・イデミツ/ホンダ/+18.77
15/4/アンドレア・ドヴィツィオーゾ/WithUヤマハRNF・MotoGPチーム/ヤマハ/+29.319
16/21/フランコ・モルビデリ/モンスターエナジー・ヤマハMotoGP/ヤマハ/+29.129
17/10/ルカ・マリーニ/ムーニーVR46レーシング・チーム/ドゥカティ/+29.63
18/88/ミゲール・オリベイラ/レッドブルKTMファクトリー・レーシング/KTM/+32.002
19/25/ラウル・フェルナンデス/テック3KTMファクトリー・レーシング/KTM/+37.062
20/87/レミー・ガードナー/テック3KTMファクトリー・レーシング/KTM/+42.442
21/49/ファビオ・ディ・ジャンアントニオ/グレシーニ・レーシングMotoGP/ドゥカティ/+42.887
22/40/ダリン・ビンダー/WithUヤマハRNF・MotoGPチーム/ヤマハ/+102.171
RT/73/アレックス・マルケス/LCRホンダ・カストロール/ホンダ/15Laps(リタイア)
RT/72/マルコ・ベゼッチ/ムーニーVR46レーシング・チーム/ドゥカティ/18Laps(リタイア)

https://pbs.twimg.com/media/FQAUpsdXoAUOXZH.jpg

【2022第4戦アメリカズGP MotoGP決勝の結果】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/04(月) 04:02:06.37 ID:CAP_USER9
4/4(月) 3:51配信 オートスポーツweb
https://news.yahoo.co.jp/articles/4dd9f6da5c35890eb93fa2150e617c43d6847c74

・アレイシ・エスパルガロが全クラス通じて初優勝
・アプリリアMotoGPクラス初優勝

 4月3日、2022年MotoGP第3戦アルゼンチンGP MotoGPクラスの決勝がアルゼンチンのアウトドローモ・テルマス・デ・リオ・オンドで行われ、アレイシ・エスパルガロ(アプリリア・レーシング)が優勝を飾った。2位はホルヘ・マルティン(プラマック・レーシング)、3位はアレックス・リンス(チーム・スズキ・エクスター)が続いている。中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)は12位となっている。

■2022年MotoGP第3戦アルゼンチンGP MotoGP決勝(25周)
天候:晴れ 路面:ドライ
Pos./No./Rider/Team/Motorcycle
1/41/アレイシ・エスパルガロ/アプリリア・レーシング/アプリリア
2/89/ホルヘ・マルティン/プラマック・レーシング/ドゥカティ
3/42/アレックス・リンス/チーム・スズキ・エクスター/スズキ
4/36/ジョアン・ミル/チーム・スズキ・エクスター/スズキ
5/63/フランセスコ・バニャイア/ドゥカティ・レノボ・チーム/ドゥカティ
6/33/ブラッド・ビンダー/レッドブルKTMファクトリー・レーシング/KTM
7/12/マーベリック・ビニャーレス/アプリリア・レーシング/アプリリア
8/20/ファビオ・クアルタラロ/モンスターエナジー・ヤマハMotoGP/ヤマハ
9/72/マルコ・ベゼッチ/ムーニーVR46レーシング・チーム/ドゥカティ
10/23/エネア・バスティアニーニ/グレシーニ・レーシングMotoGP/ドゥカティ
11/10/ルカ・マリーニ/ムーニーVR46レーシング・チーム/ドゥカティ
12/30/中上貴晶/LCRホンダ・イデミツ/ホンダ
13/88/ミゲール・オリベイラ/レッドブルKTMファクトリー・レーシング/KTM
14/43/ジャック・ミラー/ドゥカティ・レノボ・チーム/ドゥカティ
15/73/アレックス・マルケス/LCRホンダ・カストロール/ホンダ
16/25/ラウル・フェルナンデス/テック3KTMファクトリー・レーシング/KTM
17/87/レミー・ガードナー/テック3KTMファクトリー・レーシング/KTM
18/40/ダリン・ビンダー/WithUヤマハRNF・MotoGPチーム/ヤマハ
19/6/ステファン・ブラドル/レプソル・ホンダ・チーム/ホンダ
20/4/アンドレア・ドヴィツィオーゾ/WithUヤマハRNF・MotoGPチーム/ヤマハ
RT/49/ファビオ・ディ・ジャンアントニオ/グレシーニ・レーシングMotoGP/ドゥカティ
RT/44/ポル・エスパルガロ/レプソル・ホンダ・チーム/ホンダ
RT/21/フランコ・モルビデリ/モンスターエナジー・ヤマハMotoGP/ヤマハ
RT/5/ヨハン・ザルコ/プラマック・レーシング/ドゥカティ

【2022第3戦アルゼンチンGP MotoGP決勝の結果】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/01(金) 06:00:25.24 ID:CAP_USER9
投稿日: 2022.03.31 21:35
更新日: 2022.03.31 21:52
https://www.as-web.jp/bike/799351?all
https://cdn-image.as-web.jp/2022/03/31213422/asimg_wg220320001_MotoGP_015H_3e62459fce5c411-764x510.jpg

 3月31日、LCRホンダは中上貴晶が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性となったことから、4月1~3日にアウトドローモ・テルマス・デ・リオ・オンドで開催されるMotoGP第3戦アルゼンチンGPを欠場すると発表した。

 中上は、アルゼンチンに向かう前の28日にPCR検査で陽性となり、確認のためさらに2度目の検査を行ったがそれも陽性の反応を示した。そのため、第3戦アルゼンチンGPに出場できなくなった。

「残念ながら、今週末のアルゼンチンでのレースは欠場することになりました。テルマスに飛ぶ直前にPCR検査で陽性反応が出てしまいました。チーム、スポンサー、ファンの皆さんには本当に申し訳なく思っています。自覚症状もなく、体調もいいです。ただ、とても残念で悲しいです。オースティンで開催されるアメリカズGPでは、また調子を取り戻したいと思っています」と中上はコメントしており、次週の第4戦アメリカズGPでの復帰を望んでいる。

 ホンダ勢としては、レプソル・ホンダ・チームのマルク・マルケスが複視が原因で欠場することからステファン・ブラドルを起用し、ポル・エスパルガロとともに参戦。LCRホンダは、アレックス・マルケスのみが出場することになる。

【中上貴晶、新型コロナ陽性でMotoGP第3戦アルゼンチンGPを欠場】の続きを読む

このページのトップヘ