SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

NBAプレーオフ

  • カテゴリ:
1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/30(月) 21:28:12.19 ID:CAP_USER9
https://basketballking.jp/news/world/nba/20220530/375441.html?cx_top=newarrival
https://basketballking.jp/wp-content/uploads/2022/05/GettyImages-1400000522-768x576.jpeg

 5月30日(現地時間29日)、NBAプレーオフのイースタン・カンファレンス・ファイナルが行われ、第2シードのボストン・セルティックスは、第1シードのマイアミ・ヒートとの第7戦に臨んだ。

 ホームでの第6戦に敗れたセルティックスは、試合開始からジェイソン・テイタムとジェイレン・ブラウンの得点でリードを奪う。さらに、セルティックスは3ポイントが立て続けに決まると、グラント・ウィリアムズも得点を伸ばし、32-17で第1クォーターを終えた。

 しかし、続く第2クォーターではヒートのジミー・バトラーを止められず、18得点と躍動されてしまう。セルティックスはブラウンが得点力を発揮するも、55-49と大きく点差を詰められて試合を折り返した。

 迎えた第3クォーター序盤に2点差まで詰め寄られるも、マーカス・スマートとテイタムの得点でヒートを2ケタ点差に突き放す。しかし、バム・アデバヨやバトラーの得点で再び点差を詰められると、終盤にはカイル・ラウリーにも活躍され、82-75で最終クォーターへ。

 勝負の第4クォーター、開始直後に3点差まで詰められるも、テイタムらの得点でセルティックスが再びリードを2ケタに拡大。しかし、終盤でも驚異的な粘りを見せるヒートに11-0のランを作られ、試合残り50秒で2点差とされる。

 得点が滞るセルティックスは残り16秒、バトラーにフリーで3ポイントを打たれてしまう。しかし、これが外れ、セルティックスがリバウンドを死守。ファウルゲームとなるも、スマートが2本のフリースローをしっかりと沈め、最後は100-96でセルティックスが接戦を制した。

 2010年以来となるファイナル進出を決めたセルティックスは、テイタムが26得点10リバウンド6アシスト、スマートが24得点9リバウンド5アシスト、ブラウンが24得点6リバウンド6アシストをマーク。

 今シーズンから新設されたイースタン・カンファレンス・ファイナルMVPにはテイタムが選出され、ラリー・バード・トロフィーが授与された。

 一方のヒートは、フル出場のバトラーが35得点9リバウンドと獅子奮迅の活躍。さらに、アデバヨが25得点11リバウンド、ラウリーが15得点7リバウンドを挙げるも、ホームで惜敗し、今シーズンを終えた。

■試合結果
マイアミ・ヒート 96-100 ボストン・セルティックス
MIA|17|32|26|21|=96
BOS|32|23|27|18|=100

【NBAプレーオフ東地区決勝・第7戦 粘るヒートを敵地で退け、セルティックスが12年ぶりのファイナルへ】の続きを読む

  • カテゴリ:
1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/26(木) 19:58:35.05 ID:CAP_USER9
2022年05月26日 12:20 バスケット 
https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2022/05/26/kiji/20220526s00011061255000c.html
https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2022/05/26/jpeg/20220526s00011061224000p_view.jpg

 東地区決勝の第5戦が25日にマイアミ(フロリダ州)で行われ、第2シードのセルティクス(51勝31敗)が第1シードで地元のヒート(53勝29敗)を93―80(前半37―42)で下して3勝2敗。前半で5点をリードされたものの第3Qを32―16として流れを変え、12年ぶり通算22回目のファイナル進出に王手をかけた。

 ジェイレン・ブラウン(25)が25得点、ジェイソン・テータム(24)は22得点と12リバウンド、9アシストをマーク。アル・ホーフォード(35)は16得点を稼ぎ、足首を痛めて第4戦を欠場していたマーカス・スマート(28)は24分の出場で5得点、5リバウンド、4アシストだった。

 ヒートでは今季20・7得点を記録していたタイラー・ヒーロ(22)が大腿部を痛めて2試合連続で欠場。バム・アデバイヨ(24)が18得点と10リバウンドを記録したものの、ジミー・バトラー(32)は40分の出場で13得点にとどまり、カイル・ラウリー(36)は5本の3点シュートをすべて外して無得点に終わった。

 ヒートの3点シュート成功率は今季リーグ1位の37・9%。しかし第5戦では45本中7本しか決まらず15・5%にまで低下した。

 なお試合前には、前日にテキサス州ユバルディの小学校で発生した乱射事件の犠牲者に対しての追悼セレモニーが営まれた。

 <東地区決勝の日程>
 ▼第1戦=〇ヒート118―107●セルティクス
 ▼第2戦=〇セルティクス127―102●ヒート
 ▼第3戦=〇ヒート109―103●セルティクス(ボストン)
 ▼第4戦=〇セルティクス102―82●ヒート
 ▼第5戦=〇セルティクス93―80●ヒート
 ▼第6戦=27日(ボストン)
 ▼第7戦=29日(マイアミ)
 *日付は現地時間。

【NBAプレーオフ東地区決勝・第5戦 セルティクスが12年ぶりのファイナル進出に王手 敵地マイアミでヒートを撃破して3勝目】の続きを読む

  • カテゴリ:
1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/25(水) 18:18:38.11 ID:CAP_USER9
https://basketballking.jp/news/world/nba/20220525/374536.html?cx_top=newarrival
https://basketballking.jp/wp-content/uploads/2022/05/GettyImages-1399106223-768x576.jpeg

 5月25日(現地時間24日)、NBAプレーオフのカンファレンスファイナルが行われ、ウェスタン・カンファレンス第4シードのダラス・マーベリックスは、同第3シードのゴールデンステイト・ウォリアーズとの第4戦に臨んだ。

 3連敗を喫して追い込まれたマブスは第1クォーター、ドリアン・フィニー・スミスとマキシ・クレーバー、レジー・ブロックがそれぞれ2本の3ポイントを沈める。終盤にはルカ・ドンチッチの長距離砲も決まり、28-24とマブスがリードを奪った。

 続く第2クォーター序盤に一時逆転されるも、ダービス・ベルターンスの3ポイントでリードを奪い返すと、その後はジェイレン・ブランソンが得点をけん引。マブスが62-47とリードを広げて試合を折り返した。

 迎えた第3クォーター、序盤にフィニー・スミスが立て続けに3ポイントを決めると、中盤にはドンチッチとブロックがそれぞれ2本の長距離砲をヒット。さらに、終盤にはスペンサー・ディンウィディーが連続3ポイントを決め、マブスが99-70と大差をつける。

 第4クォーターでは両チームがベンチメンバーを中心に戦うが、ウォリアーズの猛追を許し、試合残り3分23秒には8点差まで詰め寄られてしまう。両者がスターターを戻す展開となるも、ドンチッチのドライブからのダンクやブロックの3ポイントで点差を保ち、最後はマブスが119-109で勝利を飾った。

 チーム全体で20本の3ポイントを沈め、シリーズ初勝利を収めたマブスは、ドンチッチが30得点14リバウンド9アシスト2スティール2ブロックと躍動。さらに、フィニー・スミスが23得点、ブロックが6本の3ポイントを決めて18得点、ブランソンが15得点をマークした。

 一方のウォリアーズは、ステフィン・カリーが20得点8アシストを筆頭に計7選手が2ケタ得点を挙げるも、敵地で敗れてシリーズ第5戦へ臨むこととなった。

■試合結果
ダラス・マーベリックス 119-109 ゴールデンステイト・ウォリアーズ
DAL|28|34|37|20|=119
GSW|24|23|23|39|=109

【NBAプレーオフ西地区決勝・第4戦 崖っぷちのマブスがウォリアーズを撃破…3P攻勢でシリーズ初白星 ドンチッチ30得点】の続きを読む

  • カテゴリ:
1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/24(火) 18:34:37.21 ID:CAP_USER9
https://basketballking.jp/news/world/nba/20220524/374487.html?cx_top=newarrival
https://basketballking.jp/wp-content/uploads/2022/05/GettyImages-1398911683-768x576.jpeg

 5月24日(現地時間23日、日付は以下同)、NBAプレーオフのイースタンカンファレンス・ファイナルの第4戦が行われ、ボストン・セルティックスがホームにマイアミ・ヒートを迎えた。

 第3戦を終えて1勝2敗とビハインドを背負ったセルティックス。この試合ではティップオフ直後から攻防にわたって主導権を握り、ヒートを開始8分でわずか1得点に抑えることに成功する。その間にデリック・ホワイトやジェイソン・テイタムが着実に得点を重ね、29-11で第1クォーターが終了。

 続く第2クォーターはヒートの反撃に遭いビクター・オラディポやジミー・バトラーに加点されるが、セルティックスもテイタムを中心に負けじと得点。57-33とリードを広げて試合を折り返した。

 前半終了時点で24点と大量リードを奪ったセルティックス。第3クォーターは互いに19得点を挙げるにとどまる低調な展開となったものの、最終クォーターでは得点の奪い合いとなる。セルティックスはペイトン・プリチャード、ヒートはダンカン・ロビンソンがポイントを重ねるも、セルティックスの優位は変わらず102-82で試合終了。シリーズは2勝2敗のタイとなった。

 勝利したセルティックスは、テイタムが両チーム最多の31得点を挙げたほか、プリチャードらその他4選手が2ケタ得点をマーク。ヒートはオラディポが23得点、ロビンソンが14得点を挙げたが、スタメン5選手合計でわずか18得点と不発に終わった。

■試合結果
ボストン・セルティックス 102-82 マイアミ・ヒート
BOS|29|28|19|26|=102
MIA|11|22|19|30|=82

【NBAプレーオフ東地区決勝・第4戦 セルティックスが20点差快勝でシリーズをタイに…テイタムが両軍最多31得点】の続きを読む

  • カテゴリ:
1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/23(月) 18:39:20.09 ID:CAP_USER9
https://basketballking.jp/news/world/nba/20220523/374254.html?cx_cat=page1
https://basketballking.jp/wp-content/uploads/2022/05/GettyImages-1398743005-768x576.jpeg

 5月23日(現地時間22日)、NBAプレーオフのカンファレンスファイナルが行われ、ウェスタン・カンファレンス第3シードのゴールデンステイト・ウォリアーズは、同第4シードのダラス・マーベリックスとの第3戦に臨んだ。

 ホームで2連勝し、シリーズをリードするウォリアーズは、ステフィン・カリーやアンドリュー・ウィギンズの得点でリードを奪うと、25-22で第1クォーターを終える。

 続く第2クォーター、開始直後にスペンサー・ディンウィディーの連続得点でマブスに逆転を許す。一時点差を広げられるも、終盤にカリーの3ポイントが立て続けに決まり、その後はリードチェンジを繰り返す一進一退の展開に。最後はウィギンズがダンクを決め、48-47で試合を折り返した。

 迎えた第3クォーター、序盤にウィギンズとクレイ・トンプソンの得点でリードを広げると、カリーも得点力を発揮。試合の流れをつかんだウォリアーズが、78-68と2ケタ点差に広げて最終クォーターへ。

 第4クォーターではマブスのルカ・ドンチッチに次々とシュートを決められ、この12分間だけで21得点を奪われる。それでも、トンプソンの長距離砲やウィギンズの豪快なダンクなどで、ウォリアーズがリードを保つ。

 終盤にドンチッチとディンウィディーの連続3ポイントで5点差まで詰め寄られるが、ジョーダン・プールが直後に3ポイントを決め返し、最後は109-100でウォリアーズが勝利を飾った。

 3連勝でシリーズ突破に王手をかけたウォリアーズは、カリーが31得点11アシスト、ウィギンズが27得点11リバウンド、トンプソンが19得点7リバウンド、ドレイモンド・グリーンとプールが10得点をマーク。

 一方のマブスは、ドンチッチが40得点11リバウンド、ディンウィディーが26得点、ジェイレン・ブランソンが20得点を挙げるも、ほかの選手の得点が伸びず、ホームで悔しい敗戦となった。

■試合結果
ダラス・マーベリックス 100-109 ゴールデンステイト・ウォリアーズ
DAL|22|25|21|32|=100
GSW|25|23|30|31|=109

【NBAプレーオフ西地区決勝・第3戦 3連勝のウォリアーズがファイナル進出へ王手…カリーとウィギンズが躍動】の続きを読む

  • カテゴリ:
1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/21(土) 13:05:10.79 ID:CAP_USER9
https://basketballking.jp/news/world/nba/20220521/374005.html?cx_top=newarrival
https://basketballking.jp/wp-content/uploads/2022/05/GettyImages-1398405245-768x576.jpeg

 5月21日(現地時間20日、日付は以下同)、NBAプレーオフのウェスタンカンファレンス・ファイナル第2戦が行われ、ゴールデンステイト・ウォリアーズがホームでダラス・マーベリックスと対戦した。

 19日に行われた第1戦では25点差の快勝を収めたウォリアーズ。この試合では第1クォーターにステフィン・カリーが3本の3ポイントシュートを決めるなど好調な立ち上がりを見せるが、マーベリックスのルカ・ドンチッチにこのクォーターだけで18得点を奪われ、25-32で最初の12分間を終了する。

 続く第2クォーターではマーベリックスに主導権を握られる展開となり、徐々に点差を広げられてしまう。アンドリュー・ウィギンスを中心に反撃するも、相手の攻撃を止めることができず58-72で試合を折り返した。

 前半終了時点で14点のビハインドを背負ったウォリアーズ。第3クォーターではクレイ・トンプソンやケボン・ルーニーが連続得点を決めるなど奮闘を見せ、83-85と2点差に詰め寄って終了。その勢いのまま突入した最終クォーターでは早々に逆転すると、ジョーダン・プールやドレイモンド・グリーンの3ポイントシュートで点差を広げ、126-117で勝利。ウォリアーズがホームで逆転勝ちを収め、シリーズ2連勝を達成した。

 勝利したウォリアーズはカリーがチーム最多32得点、プールが23得点、ルーニーがキャリアハイの21得点をマーク。一方のマーベリックスは、ドンチッチが42得点、ジェイレン・ブランソンが31得点、レジー・ブロックが21得点を挙げるも、ベンチメンバーの得点が伸びず痛い敗戦を喫した。

■試合結果
ゴールデンステイト・ウォリアーズ 126-117 ダラス・マーベリックス
GSW|25|33|35|43|=126
DAL|32|40|13|32|=117

【NBAプレーオフ西地区決勝・第2戦 ウォリアーズが逆転勝利でシリーズ2連勝…ルーニーがキャリア最多21得点】の続きを読む

  • カテゴリ:
1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/20(金) 19:29:51.12 ID:CAP_USER9
https://basketballking.jp/news/world/nba/20220520/373743.html?cx_top=newarrival
https://basketballking.jp/wp-content/uploads/2022/05/GettyImages-1398218425-768x576.jpeg

 5月20日(現地時間19日)、NBAプレーオフのカンファレンスファイナルが行われ、イースタン・カンファレンス第2シードのボストン・セルティックスは、同第1シードのマイアミ・ヒートとの第2戦に臨んだ。

 第1戦に敗れたセルティックスは、試合開始からヒートに次々と3ポイントを決められ、第1クォーター中盤には10点のビハインドを背負うことに。しかし、その後はジェイレン・ブラウンやグラント・ウィリアムズらの長距離砲が立て続けに決まり、35-24とセルティックスが逆転に成功した。

 続く第2クォーターでは序盤からジェイソン・テイタムが得点力を発揮し、チームをけん引。エースがこの12分間で17得点を挙げると、70-45とセルティックスが大量リードを奪って試合を折り返した。

 迎えた第3クォーターではヒートのジミー・バトラーに16得点を奪われる。それでも、マーカス・スマートがバスケットカウントや3ポイントなどで得点を重ね、96-71とセルティックスがリードを保った。

 第4クォーターでも、序盤からスマートやアル・ホーフォード、ブラウンが確率良くアウトサイドシュートを沈め、リードをさらに拡大。中盤以降は主力を互いに下げ、セルティックスが127-102で快勝した。

 チーム全体で20本の3ポイントを決めたセルティックスは、シリーズ初戦を欠場したスマートが、5本の3ポイントを含む24得点9リバウンド12アシスト3スティールとオールラウンドに活躍。さらに、テイタムが27得点5リバウンド5アシスト、ブラウンが24得点8リバウンド、ウィリアムズが19得点をマークした。

 一方のヒートは、バトラーが29得点6リバウンド、ゲイブ・ビンセントとビクター・オラディポが14得点を挙げるも、前半のビハインドを埋められず、ホームで大敗を喫した。

■試合結果
マイアミ・ヒート 102-127 ボストン・セルティックス
MIA|24|21|26|31|=102
BOS|35|35|26|31|=127

【NBAプレーオフ東地区決勝・第2戦 セルティックスが敵地でヒートに快勝…前半に25点差をつけてシリーズをタイに】の続きを読む

  • カテゴリ:
1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/19(木) 18:12:40.99 ID:CAP_USER9
https://basketballking.jp/news/world/nba/20220519/373633.html?cx_top=newarrival
https://basketballking.jp/wp-content/uploads/2022/05/GettyImages-1398023310-768x576.jpg

 5月19日(現地時間18日)にチェイス・センターでNBAプレーオフ2022のウェスタン・カンファレンス・ファイナルが行われ、ウェスタン・カンファレンス第3シードのゴールデンステイト・ウォリアーズが同第4シードのダラス・マーベリックスと対戦した。

 ウォリアーズは第1クォーター残り2分7秒からアンドリュー・ウィギンズ、ジョーダン・プール、ステフィン・カリーの連続得点で28-18とリード。リードを守った第2クォーターを終えると、第3クォーターにクレイ・トンプソンを中心に34得点を積み上げ、88-69と点差を広げた。

 開始から10-0のランに成功した第4クォーターでも相手を寄せつけず、112-87で第1戦を制した。

 ウォリアーズはカリーが21得点12リバウンドの活躍を見せたほか、ウィギンズとプールがともに19得点、トンプソンが15得点、ケボン・ルーニー、ドレイモンド・グリーン、オットー・ポーターJr.の3人が10得点をマーク。一方のマブスはルカ・ドンチッチが20得点に抑えられ、敵地で敗戦を喫した。

■試合結果
ゴールデンステイト・ウォリアーズ 112-87 ダラス・マーベリックス
GSW|28|26|34|24|=112
DAL|18|27|24|18|=87

【NBAプレーオフ西地区決勝 ウォリアーズがホームで先勝…第1Qからリードを奪って25点差で快勝】の続きを読む

このページのトップヘ