SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

NBAプレーオフ東地区決勝

  • カテゴリ:
1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/28(土) 13:16:25.07 ID:CAP_USER9
2022年05月28日 13:01 バスケット
https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2022/05/28/kiji/20220528s00011061244000c.html
https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2022/05/28/jpeg/20220528s00011061240000p_view.jpg

 東地区決勝の第6戦が27日にボストン(マサチューセッツ州)で行われ、第1シードのヒート(53勝29敗)が第2シードで地元のセルティクス(51勝31敗)を111―103(前半48―40)で下して3勝3敗。西地区ではすでにウォリアーズ(53勝29敗)がファイナル進出を決めているが、東地区の決着は29日に行われる最終第7戦にもつれ込んだ。

 ヒートではジミー・バトラー(32)が46分の出場で今ポストシーズン自己最多の47得点をマーク。第3戦から第5戦までの3試合では計27得点と精彩を欠いていたが、第6戦では底力を発揮した。負けたら終わりという状況の試合(エリミネーション・ゲーム)でのヒートの従来の最多得点は、2010年6月7日の東地区決勝第6戦でレブロン・ジェームズ(現レイカーズ)が、同じボストンでセルティクスを相手にマークした45得点。バトラーはジェームズのチーム記録を12年ぶりに書き換えた。また9リバウンド、8アシスト、4スティール、1ブロックショットも稼ぐなど攻守両面での活躍が光った。

 ここ2試合ともに精彩を欠いていたカイル・ラウリー(36)とマックス・ストルース(26)の先発ガード2人は第4Q終盤にそれぞれ6反則で退場となったものの、18得点と13得点。ヒートは第4Q残り1分25秒にP・J・タッカー(37)が1本目を外すまでフリースローを19本連続で成功(試合全体では25本中24本)させ、大腿部の付け根を痛めているタイラー・ヒーロ(22)を3試合連続で欠きながらも接戦をものにした。

 セルティクスはこのシリーズのホーム最終戦に勝てば12年ぶり22回目のファイナル進出が決まっていたが無念の黒星。第3Q終盤で最大13点差をつけられながら第4Qの残り4分43秒にいったん勝ち越したが、同点3回、リードチェンジ3回となったこのあとのシーソーゲームを制することはできなかった。

 今季のオールNBAファーストチームに選出されたジェイソン・テータム(24)は30得点と9リバウンドをマークしたものの、ターンオーバーは第4Qの4回を含めて7回。ベンチから出たデリック・ホワイト(27)が第4Q(28―29)の11得点を含む22得点、ジェイレン・ブラウン(25)も20得点を記録したが、ヒートのバトラーを最後まで抑え込むことができなかった。

 なおNBAの今ポストシーズンのシリーズで第7戦を迎えるのは今回が3回目。セルティクスは準決勝(対バックス)に続いて2シリーズ連続で最終戦を経験することになった。

 <東地区決勝の日程>
 ▼第1戦=〇ヒート118―107●セルティクス
 ▼第2戦=〇セルティクス127―102●ヒート
 ▼第3戦=〇ヒート109―103●セルティクス(ボストン)
 ▼第4戦=〇セルティクス102―82●ヒート
 ▼第5戦=〇セルティクス93―80●ヒート
 ▼第6戦=〇ヒート―〇セルティクス111―103●セルティクス
 ▼第7戦=29日(マイアミ)
 *日付は現地時間。

【NBAプレーオフ東地区決勝・第6戦 ヒートがセルティクスに勝利 ジミー・バトラーが47得点 3勝3敗で勝負は最終第7戦へ!】の続きを読む

  • カテゴリ:
1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/22(日) 13:28:05.07 ID:CAP_USER9
2022年05月22日 12:54 バスケット
https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2022/05/22/kiji/20220522s00011061276000c.html
https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2022/05/22/jpeg/20220522s00011061288000p_view.jpg

 東地区決勝の第3戦が21日にボストン(マサチューセッツ州)で行われ、第1シードのヒート(53勝29敗)が109―103(前半62―47)で第2シードのセルティクス(51勝31敗)を振り切って2勝1敗。第2Q途中で最大26点差をリードしながら第4Q残り2分40秒に1点差まで詰め寄られたが、結果的には一度もリードを許すことなく逃げ切った。

 東京五輪の米国代表だったバム・アデバイヨ(24)が今ポストシーズンでは自己最多の31得点と10リバウンド、6アシスト、4スティールをマーク。今ポストシーズンで平均29・8得点をマークしていたジミー・バトラー(32)が右膝を痛めて前半だけの出場(8得点)に終わったが、ヒートは19スティールを記録するなどディフェンスで流れを変えた。

 太腿を痛めて4試合を欠場していたカイル・ラウリー(36)は29分の出場で11得点、6アシスト、4スティール。ベテランのP・J・タッカー(37)が17得点と7リバウンドを稼ぐなど奮闘した。

 セルティクスは24回のターンオーバーで33失点。チームとしてのスティールは2回しかなく、1点差まで詰め寄ったもののリードは最後まで奪えなかった。

 ジェイレン・ブラウン(25)が両軍最多の40得点をマーク。今ポストシーズンで平均28・2得点を記録していたジェイソン・テータム(24)は10得点で、第4Qの終盤でヒートのビクター・オラディーポ(30)にスティールされた際には右肩を痛めてうずくまり、いったんコートを離れる(1分後に復帰)場面もあった。

 <東地区決勝の日程>

 ▼第1戦=〇ヒート118―107●セルティクス
 ▼第2戦=〇セルティクス127―102●ヒート
 ▼第3戦=〇ヒート109―103●セルティクス(ボストン)
 ▼第4戦=23日(ボストン)
 ▼第5戦=25日(マイアミ)
 ▼第6戦=27日(ボストン)
 ▼第7戦=29日(マイアミ)
 *日付は現地時間。

【NBAプレーオフ東地区決勝・第3戦 ヒートが2勝1敗 敵地で貴重な白星 アデバイヨが31得点 バトラーは右膝負傷で後半欠場】の続きを読む

このページのトップヘ