SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

SASUKE

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/29(水) 18:46:38.50 ID:CAP_USER9
https://www.daily.co.jp/general/2022/06/29/0015426816.shtml
2022.06.29

 国際近代五種連合(UIPM)は28日、トルコ・アンカラで開催で新たな5番目の種目候補として、日本のTBSの人気番組で、年末の風物詩となっている「SASUKE」の障害物を採用した「忍者競争」を含めたテスト大会を実施した。

 障害物は9つで、「ロープスイング」「フレーム」「ビーター」「オーバーアンダースルー」「ホイール」、「ウォールフリップ」、「リング」、「平均台」と最後に「津波壁」とあり、「SASUKE」名物の“そり立つ壁”の簡易版のような障害が設置された。

 TBSによると、国際連合の要請に応じて4種類の番組セットを提供。テスト大会には近代五種のほか、忍者競争のアスリートも含め、19カ国100人の選手が参加した。

 障害はSASUKEの第1ステージよりも難易度は低く、UIPMのホームページによると、この日、男子のフランスの忍者競争王者のディミトリフーレスは27秒42でクリア。五種競技者ではドイツのトビアス・ヒールルが34秒でクリアしたという。

 五種競技者として参加し、テスト大会を制したジュニア女王のセレン・ガレル(トルコ)は「大変過酷でしたが、ベストを尽くした。少し不安はあったが、とても楽しかったし、エキサイティングだった」と印象を語り、ジュニア王者のセドリック・シャテリエ(フランス)は「非常に興味深かった。手と腕がかなり厳しい」としつつ「適応の時間があれば大丈夫だと思う。障害物レースの導入はいい動きだと思う」と、好印象を口にした。

 SASUKEが候補となったことを受け、SASUKEオールスターズと呼ばれる面々も反応。2度の完全制覇を誇るSASUKEくんこと森本裕介はツイッターで「『オリンピック出たら?』っていうメッセージがたくさんきてる(笑)」とつぶやき「フェンシングとか射撃があるので、さすがに専門でやってる方々には敵わないと思いますがとても夢のある話ですよね」と、今後の展開に期待。キタガワ電気店長の日置将士も「これは凄い!あんな人やこんな人がオリンピック選手になったりして。採用されますように」と期待を込めた。また、ネット上では「俺にはSASUKEしかないんです」の名言でお馴染みの「ミスターSASUKE」の異名を持つ山田勝巳待望論も。「オリンピック選手山田勝巳きたぁぁ!」「山田勝巳、日本代表監督やん」と盛り上がりをみせている。

 同連合は今年に入り、2028年ロサンゼルス五輪から馬術を除外し、新種目の候補として障害物競走を試験的に導入すると発表。テスト大会を経て、総会で正式に採用するか決定するとしている。

続きはソースをご覧下さい
https://i.daily.jp/general/2022/06/29/Images/f_15426819.jpg
https://i.daily.jp/general/2022/06/29/Images/f_15426818.jpg
https://i.daily.jp/general/2022/06/29/Images/f_15426817.jpg
https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2022/06/29/jpeg/20220629s00020000133000p_view.jpg

https://i.imgur.com/0ZFiEPs.jpg

【ロス五輪・近代五種、新種目候補『SASUKE』テスト大会「とても楽しかった」選手から好評も「手と腕がかなり厳しい」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/03(火) 22:28:34.82 ID:CAP_USER9
https://www.daily.co.jp/general/2022/05/03/0015271487.shtml
2022.05.03

 国際近代五種連合(UIPM)は2日、理事会を開催し、2028年ロサンゼルス五輪から馬術を除外し、新種目の候補として障害物競走を試験的に導入すると発表した。24年パリ五輪は従来通り、馬術と水泳、フェンシング、射撃、ランニングを合わせた5種目で行うが、28年ロサンゼルス五輪に向けた変更。6月にトルコで行われるW杯・ファイナル後から試行し、総会で正式に採用するか決定する。

 同連合は昨夏の東京五輪において、ドイツのコーチが馬に暴行する事件が発生した後、昨年11月に馬術の廃止を議論。当初はクロスカントリー自転車が代替競技として採用されるとみられていたが、トライアスロンとの軋轢を引き起こしかねないとの懸念から障害物競走が第1候補に挙がっていた。

 ロイター通信によると、障害物競走の候補として、日本のTBSの人気番組で、年末の風物詩となっている「SASUKE」のような「忍者競争」、また世界中で放送されている「アドベンチャーレース」など複数が挙げられている。

 「忍者競走」は「SASUKE」から派生した米国版の「NINJA WARRIOR」など世界的にも広がりをみせており、同メディアによると10億人の視聴者がいるという。採用された場合、名物アトラクションの「そり立つ壁」や「クリフハンガー」、「バーティカルリミット」などが五輪の舞台に設置されるか。注目が集まる。

 一方で選手側は馬術の除外に反発しており、英高級紙「ガーディアン」によると、男子の東京五輪金メダリストのジョゼフ・チューン(英国)らが、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長に書簡を送り、介入を求めている。選手団体の統計で95%以上の選手が国際連合の判断に不満を示しているという。

 近代五種は1912年のストックホルム五輪から採用され、フェンシング、競泳、射撃、ランニング、馬術で行われてきた。

【〝SASUKE〟がオリンピック新種目? ロス五輪・近代五種、馬術に代わる新競技に「忍者競争」が候補に挙がる 視聴者10億人、若者人気で白羽】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/12/28(火) 22:38:23.73 ID:CAP_USER9 BE:439362949-PLT(40000)
sssp://img.5ch.net/ico/999991500946716.gif
12/28(火) 22:30
東スポWeb

五輪アスリートたちも大苦戦のSASUKE「オリンピックでやればいいのに」の声
今年も年末に特番(東スポWeb)
 アスリートも大苦戦――。年末恒例のTBS系スポーツ特番「SASUKE」が28日に放送され、SNS上では出場者が果敢に挑戦する姿が話題になっている。

 近年はお笑い芸人やアイドルの参戦も珍しくないが、同番組に集まるのは体力や肉体に自信を持つ一般人やタレントがほとんど。今回はK―1のエース・武尊ら格闘技選手に加え、東京五輪フェンシング男子サーブル日本代表のストリーツ海飛、陸上男子で17年世界選手権400メートルリレー銅メダルの藤光謙司、体操女子で五輪2大会出場の鶴見虹子、元フィギュアスケート世界女王の安藤美姫らも名を連ねた。

 しかし…。〝本業〟で扱うことのない障害物を攻略することは困難だったようで、アスリートらは最初のステージで次々と脱落。国際大会の実績など関係ない現実が待ち受けていた。

 これにはSNSユーザーから「SASUKEめっちゃ面白い」「オリンピックやってるのかと思ったらSASUKEだった」「SASUKEをオリンピック競技にすれば面白そう」「五輪種目でいいのでは」「SASUKE見てたら五輪種目にしてあげてほしくなる」「なぜ正式種目にしないのか」「オリンピックでやればいいのに」と、〝意外な提案〟が上がったほどだった。

 また「SASUKEは1年1回だけど、五輪って4年に1回と考えたら選手たちのメンタルすごいな」と改めてアスリートに敬意を表するコメントも見受けられた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b10e95f438df29f8f24d417265900afd8028820b

【五輪アスリートたちも大苦戦のSASUKE「オリンピックでやればいいのに」の声】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/12/28(火) 23:32:34.91 ID:CAP_USER9
12/28(火) 19:36配信
中日スポーツ

HIKAKIN

 TBS系の人気スポーツ・エンターテインメント番組「SASUKE2021」が28日放送され、登録者数1000万人を超える人気ユーチューバーHIKAKINが初登場。第1ステージはクリアできなかったが、SNSでは「HIKAKINまじかよ」「何でも前向きなのかっけ」「想像以上に動けてた」などの歓声が上がった。

 30番目に登場したHIKAKINはクワッドステップス、ローリングヒルの2つを慎重にクリア。モンスターボックスに飛び移った。しかし、赤い布に飛び付き12メートルあまりの水を越えるシルクスライダーでは、勢い余って着地に失敗して背中から豪快に落水した。

 「実は動ける男」と実況されたHIKAKINは「自分の感覚だと(着地スペースの)前側に降りたつもりでしたが、遠心力で…。悔しすぎる」と声を絞り出した。

 ツイッター上ではスタート前から「めっちゃ緊張してる。あー、頑張って」「ヒカキンさんファイト」とファンの声が相次ぎ、挑戦終了後も「でも落ちるまでは順調で上手かった。『実は動ける男』頑張った!! 頑張った!! 頑張った!!」「HIKAKINよく頑張った」「来年のリベンジ待ってます」と健闘をたたえる声が寄せられた。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211228-00000082-chuspo-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/ead91872f8f6cabef6dbb5467cecd0a2122a8278

【「SASUKE2021」にユーチューバーHIKAKIN初出場『実は動ける男』にSNSで声援も…背中から豪快落水】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/12/28(火) 23:30:14.26 ID:CAP_USER9
日向坂46・東村芽依をはじめ、28日放送の『SASUKE2021』(TBS系)に多くのアイドルが参戦した。

 冠番組『日向坂で会いましょう』(テレビ東京系)で『SASUKE』に出ることが夢と公言していた東村。1stステージの種目で、上に金具がついた布の両端を掴み、滑り降りながら対岸に着地する「シルクスライダー」に挑むが着地に失敗し、池に落水。実況アナからは「落ちても可愛い!」という声が。

 続くのは同じ坂道グループ、乃木坂46・佐藤楓。昨年の「箱根駅伝」で区間賞を獲得した青山学院大学の神林勇太はいとこに当たる。そんな彼女は1stステージの4つ目、電動で回転するポール状の骨を避けながら、4つの飛び石状に配置された足場を進む「フィッシュボーン」まで進んだが、骨をよけきれず落水してしまった。

 SNS上では、東村に対しては「めいめいお疲れ」「めいめいの夢が叶って嬉しかった~!」「来年リベンジ出来るように願っています!! ほんとにお疲れ様です!!」、佐藤にも「でんちゃん惜しい!!」「SASUKEに挑戦して前に進んでいく姿を見て心打たれたし涙が出そうになったよ」など、ねぎらいとエールが寄せられた。

 なお他のアイドル勢としてはAKB48・村山彩希、=LOVE・瀧脇笙古も同じくフィッシュボーンでリタイアしている。
https://s.rbbtoday.com/article/2021/12/28/194948.html

【『SASUKE2021』日向坂46・東村芽依、乃木坂46・佐藤楓の活躍に大反響「心打たれて涙が出そうになった」】の続きを読む

このページのトップヘ