SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

SNS

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/03(木) 06:57:49.60 ID:5WS+0gf+9
11/2(水) 18:59配信サンケイスポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/4c812d3912e010b166ae125231b211032be8eb4c

26年ぶりの日本一に輝いたオリックスは2日、球団公式サイトなどに「SNS、インターネット等への書き込みに関するお願い」を掲載。SNSなどでの誹謗中傷に対する注意喚起を行った。

球団は「シーズン中、ファンの皆様がSNS等を通じて発信されている温かいメッセージに、チーム、選手は大いに励まされ、たくさんの勇気や刺激を頂戴しています。心より感謝申し上げます。ただ一方で、心ない罵詈雑言や誹謗中傷の書き込みを球団として確認しておりますことも残念ながら事実です」とネット上の心ない書き込みに悩まされてきた。

ファンに対し「皆様の応援するお気持ちが、選手や他のファンの皆様と気持ちよく共有できますよう、節度ある発信をお願いいたします」と求め、「バファローズはこれからもファンの皆様とともに全員で戦いたいと思っています」と結んだ。

SNSでの誹謗中傷問題をめぐっては過去、他球団やサッカー、Jリーグのクラブも同様の注意喚起を行っている。

【日本一のオリックスがSNSなどでの誹謗中傷に注意喚起 ファンに「節度ある発信をお願いいたします」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/14(金) 11:36:20.55 ID:CAP_USER9
2018年~2020年にかけて仕事を依頼と報道
パリ・サンジェルマン(PSG)は、大きな話題となっている『Mediapart』の報道を否定する声明を発表した。

現在大きな物議を醸している『Mediapart』のレポート。同メディアによると、PSGは2018年~2020年にかけて「URéputation」へと金銭を支払ってSNS上でのキャンペーンを依頼。「URéputation」は偽のTwitterアカウントを作成し、選手個人や一部メディアをSNS上で攻撃するなど、PSGが有利になるようなキャンペーンを実施していたとのこと。2019年には当時からレアル・マドリーへの移籍が取り沙汰されていたキリアン・エンバペ、去就に揺れていたアドリアン・ラビオなどがターゲットになっていたようだ。

50ページにも及ぶ『Mediapart』のレポートだが、「URéputation」の元運営ディレクターは『RTL』のインタビューでPSGからの仕事を受けたことを認めている。また、レポート内ではPSGの支払いを証明する請求書と思われる書類も公開されている模様。さらにフランス『RMC Sport』は、エンバペが感じた「裏切り」や退団希望はこのキャンペーンが影響していることを伝えている。

渦中のPSGだが、この『Mediapart』の報道を断固として否定。「彼らの主張を強く否定する。PSGは国際的なブランドであり、他の企業同様、クラブやスタッフ、パートナーの功績を称えるために世界中のSNS機関と常に連携している。だが、誰かを中傷するために契約したことは一度もない」と完全に否定した。今後の動向は大きな注目を集めそうだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d6f6af3ee999e65d548ce275513930e864d67b72

【PSG、SNS上でエンバペら選手への中傷を依頼していた?物議を醸す報道を完全否定】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/28(火) 12:44:38.11 ID:CAP_USER9
https://www.sponichi.co.jp/battle/news/2022/06/28/kiji/20220628s00003000231000c.html
2022年6月28日

格闘技イベント「THE MATCH 2022」で「世紀の一戦」でK―1王者・武尊(30)を判定5―0で下したキックボクシングのRISE王者・那須川天心(23)が、28日に自身のインスタグラムを更新。SNS上で展開される著名人への誹謗(ひぼう)中傷への危機感をあらわにした。

天心は「最近の世の中はおかしい気がします」と書き出し「SNSって簡単に人と繋がれたり著名人と距離が近くなったり身近に感じるって事が多くなった反面 人の事を叩いたり、顔も見た事無い奴らに悪口言ったり、グループで仲良くなって集団で虐めたり悪い事も沢山ある」とSNSについて投稿。「みんな人間だぜ なんで会った事もない人、人前に立って頑張ろうとしてる人にそれが出来る?顔も見せずに人を叩いていいねを沢山もらってそれで幸せか?」と怒りを込めた。

「もちろん人前に立つ人も覚悟は必要だと思うよ だけど最近は度を越している事が多いと思う」とつづり「SNSが怖くて人の前に立てない人もいるSNSの誹謗中傷のせいで若い芽や可能性が沢山潰されてる エンターテイメントが出来なくなってる」と思いを投稿。「もちろん人間だから誰だって失敗する 完璧な人なんていない 表に出てる人は失敗を見られる事が多い だから失敗が目立つよね 誹謗中傷してる奴らは自分が失敗してる姿なんて見てもらえないだろ 怖くて見せる事もできないだろ」と中傷を書き込んでいる人へ向けてチクリ。

「でもさ、失敗を人に見せれるって幸せな事なんだぜ SNSが世界だと思うなよ こんなくだらない世界が全てだと思うなよ 全部フィクションだと思ってた方が良いぜ」といい「俺の事が好きな人、俺のファンでいてくれる人はわかってほしい 悪口言われても言い返すんじゃなく 全部交わしてほしい 俺はいくら言われても大丈夫だから 大きな心を持って生きてほしい 良い世界になりますように」と呼びかけた。

https://i.imgur.com/6Kldbu1.jpg

【RISE王者・那須川天心 SNSの誹謗中傷に苦言「度が過ぎてる」「顔も見せずに人を叩いていいねを沢山もらってそれで幸せか?」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/10(火) 20:17:50.64 ID:CAP_USER9
パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールが、自身に対するブーイングやワールドについて語っている。

PSGは今季リーグ・アン制覇を成し遂げたものの、チャンピオンズリーグでは決勝トーナメント1回戦でレアル・マドリー相手に逆転敗退。この結果、ネイマールやリオネル・メッシがある種の“スケープゴート”とされ、一部サポーターからブーイングを浴びる試合も多かった。

そんなブーイングについて、ネイマールはフラメンゴMFジエゴ・リバスとのライブ配信において「もちろん誰だってブーイングされたくないし、ホームでプレーしているならなおさらだよ」と前置きしつつ、SNSについても語っている。

「悲しいことだよ。でも、どこかで強さを見せないと。今の自分を支えてくれた人たちを思い出し、その人たちのためにプレーしようと思うんだ。ブーイングに影響されるわけにはいかないし、家族を失望させるわけにもいかないんだ。ファンのためにプレーできる試合もあるし、すべてがうまくいっているときもある。そして、ブーイングもある。僕は家族のために自分をしっかり保っているんだ」

「ソーシャルメディアというのは……役に立つよりも、傷つくことのほうが多いと思うね。良いプーレをした後にそれについて色々と読めば、良いニュースばかりで笑顔になるね。でも、うまくプレーできなかった時は自分にとって良くない。そういう時を乗り越えるために助けてくれる人が誰もいないとなると、本当に苦しいよ。今の時代、SNSは非常に危険なものなんだ」

そしてネイマールは、ブラジル代表として臨むことが濃厚な2022年カタール・ワールドカップにも言及。「PSGでチャンピオンズリーグを優勝したかったけど、それはできなかった。だから今、ワールドカップ優勝とともに2022年を締めくくりたい」とし、意気込みを語っている。

「すべてがうまくいって“ブラジルのワールドカップ”にできるよう、心身ともに準備している。そのために僕の人生を捧げるつもりだ。もう2回(ワールドカップを)戦っているし、仕組みはわかっているよ。チャンスを逃すわけにはいかないんだ」

https://news.yahoo.co.jp/articles/236eb9fc08d9c799a24c3257e2058f5c43fa730a

【「SNSは役立つよりも傷つくことのほうが多い」PSG・ネイマール、自身へのブーイングに持論】の続きを読む

このページのトップヘ