SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

U―23日本代表

1: 名無しさん@恐縮です 2024/07/05(金) 05:28:33.09 ID:gJkMJvwo9
日本サッカー協会は3日、パリ五輪に臨む男子U―23日本代表18人を発表した。細谷真大(22)、藤田譲瑠チマ(22)らがメンバー入り。3枠まで認められる24歳以上のオーバーエージ(OA)枠は2008年の北京五輪以来、4大会ぶりに招集ゼロ。主力として期待されたMF松木玖生(21)=FC東京=、GK鈴木彩艶(21)=シントトロイデン=は移籍の可能性を考慮されて外れた。1968年メキシコ市五輪「銅」以来の表彰台へ厳しい道のりだが、大岩剛監督(52)は「金メダルを奪う」と一枚岩で頂点を目指す。

OAを招集できなかった背景には、さまざまな事情が絡み合う。大前提として、欧州各国にとって五輪サッカーは、若手の大会という認識がある。クラブが高給を支払う選手を、W杯などのように派遣義務がなく、負傷のリスクもある大会に送り出すべきではない、という考えが大半を占める。東京五輪は吉田麻也、酒井宏樹、遠藤航の招集に成功したが、地元開催だからこそだった。

会見で日本サッカー協会(JFA)の山本昌邦NTDは「1年以上かけて海外組の調整は進めてきた」と言う。しかし、最終決定するこの時期は、欧州は夏の移籍市場(6月14日~8月30日)まっただ中。補強ポイントだったセンターバックでは板倉や町田らの名前が挙がったが、移籍の可能性がある選手の場合は現所属、移籍先と2度の交渉をクリアしなければならない。移籍先が決まっていない現状では諦めるしかなかった。

招集に近づいたのが遠藤航だった。本人が「選ばれたら貢献したい」と前向きな姿勢を示し、今夏に移籍の可能性も低いため、JFAはリバプールと交渉。一時はクラブも派遣に寛容な姿勢を見せたが、スロット新監督の下で新チームをつくる状況でもあり、最終的には認めなかった。パリ五輪世代でもあった久保建英(23)もスペイン1部Rソシエダードが主力派遣に首を縦に振らなかった。日本人が欧州で戦力として認められている証拠ではあるが、OA問題の解決方法は見つからず、今後の五輪でも頭を悩ますことになりそうだ。
https://news.yahoo.co.jp/articles/0e617cffec563fd5e8db6aaeb1f4d7a8e14c53df
https://i.imgur.com/o7SLviN.jpeg

【遠藤航も最終的にリバプールが認めず 男子U―23日本代表、OA招集ゼロの背景…移籍、クラブの事情が障害に】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/04/16(火) 20:53:54.72 ID:4hwc7JE+9
◆サッカー男子パリ五輪アジア最終予選兼U―23アジア杯 ▽1次リーグB組第1戦 日本ー中国(16日・ドーハ)

 サッカー男子のパリ五輪アジア最終予選を兼ねたU―23(23歳以下)アジア杯で8大会連続五輪出場を目指すU―23日本代表が初戦の中国戦に臨む。

 今大会の主将に任命されたMF藤田譲瑠チマや、MF山本理仁、DF西尾隆矢、DF内野貴史、MF松木玖生の4人の副主将も先発に名を連ねた。

 以下が日本の先発メンバー。

 ▽GK 小久保玲央ブライアン(ベンフィカ)

 ▽DF 関根大輝(柏) 西尾隆矢(C大阪) 高井幸大(川崎) 内野貴史(デュッセルドルフ)

 ▽MF 藤田譲瑠チマ(シントトロイデン) 山本理仁(シントトロイデン) 松木玖生(FC東京) 山田楓喜(東京V) 平河悠(町田)

 ▽FW 細谷真大(柏)

 今大会の3位までが五輪切符を獲得し、4位なら5月9日にフランスでギニアとのプレーオフに臨む。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f6a51ce775018fa43e48d28651ff14fde596a8e0

【U―23日本代表 中国戦のスタメン発表 主将・藤田譲瑠チマ、松木玖生ら全4人の副主将も名を連ねる】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/04/11(木) 08:27:18.61 ID:g8Wf1Mgh9
4/10(水) 17:00配信
夕刊フジ
日本サッカー協会の宮本恒靖会長
https://i.imgur.com/LJ59BFT.jpg

パリ五輪アジア最終予選を兼ねて15日からカタールで行われるサッカーU―23(23歳以下)アジア杯で、U―23日本代表の五輪切符を懸けて戦う全試合が地上波テレビで生中継される。

当初はインターネット配信のみの予定だったが、今月に入ってNHKとテレビ朝日が放送を決めた。先月就任した日本サッカー協会(JFA)・宮本恒靖新会長(47)へのご祝儀の意味合いが濃いという。

宮本会長は昨年1月に専務理事に就くと、テレビ局などに対して独自の〝営業活動〟を展開。会長就任にあたっても、大手広告代理店頼みだったスポンサー獲得や放映権契約について、「新しい枠組みでできるようにしていきたい」と意気込みを語っていた。

近年はA代表のW杯アジア予選でも、対戦相手国の協会が放映権を持つアウェー戦では地上波で放送できない事態が頻発。8大会連続出場を目指す今回の五輪最終予選も、主力として構想にあったMF久保建英(レアル・ソシエダード)ら海外組が1人も招集できず、苦戦必至のうえ視聴率や広告出稿を期待できるタレント不足ながら、宮本新体制との関係構築というメリットもあり、全試合の地上波生中継が実現した格好だ。 (久保武司)

https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/5304ddd68e1dd2c41165f2c7424bffd5956a8a4d&preview=auto

【ツネ様への“ご祝儀”全試合地上波放送、サッカー五輪最終予戦 宮本恒靖新会長、TV局に独自の〝営業活動〟展開】の続きを読む

このページのトップヘ