SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

W杯アジア最終予選

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/23(水) 19:22:48.85 ID:CAP_USER9
『Sporting news』オーストラリア版のジョシュア・トーマス記者が、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選に向けて『GOAL』の質問に答えてくれた。

日本は24日、最終予選の9戦目でオーストラリア代表とアウェイで対戦。アジアのトップを争ってきたライバルとの一戦に勝利すれば、日本はW杯本大会に進出することができる。

一方、オーストラリア側にとっても負ければW杯本大会にストレートインする可能性がなくなる試合。残り2試合で4位オマーン代表との勝ち点差を「7」としているため、3位でプレーオフに回ることはできるが、首の皮一枚という状況に追い込まれる。

好調だった最終予選序盤から一転して陥った現状について、トーマス記者は前回の日本戦で敗戦したことが「間違いなくターニングポイントになった」と指摘。今回のリベンジに向けては「勝利は必須。宿敵との対戦はさらに素晴らしいものになるだろう」と述べた。

日本の印象については「W杯最終予選で自信をつけてきた、技術的に優れている速いペースのチームだと、オーストラリアは見ている」と警戒する。そして、オーストラリア側にとっての懸念点も明かされた。

「やはり信頼できるゴールキーパーがいないこと、優先するストライカーが状況によって変わること、そしてそれによりチャンスを生かしきれないことだ。守備は堅実だが、トランジションでやられることが多い」

とはいえ、日本戦のキーマンにはプレーメーカーのフランクフルトMFアルディン・フルスティッチやゴール前での動きに定評のあるメルボルン・シティFWジェイミー・マクラーレンらを挙げる。重要選手のセルティックMFトム・ロギッチらが不参加となったが、それらの選手が「主な脅威になるだろう」とし、試合展開は以下のように予想した。

「個人的には、日本が重要なポイントを獲得するために十分な力を発揮した末に、1-1で引き分けると予想する。オーストラリアは最近、勝利を期待できるほど良いプレーをしていないが、ホームスタジアムが重要な優位性を与えてくれるはずだ」

24日に迫るカタールW杯アジア最終予選の大一番、オーストラリアvs日本。シドニーで行われる一戦は、日本時間18:10にキックオフが予定されている。

GOAL 3/23(水) 16:22
https://news.yahoo.co.jp/articles/0f8dd900f8c95012c4d9988fb5ead572d99591df

写真
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220323-00010011-goal-000-1-view.jpg?pri=l&w=640&h=360&exp=10800

【W杯アジア最終予選 <現地記者の視点>日本代表戦はドローを予想「1-1で引き分ける」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/23(水) 12:20:06.45 ID:CAP_USER9
日本代表は、3月24日にFIFAワールドカップカタール・アジア最終予選グループB第9節でオーストラリア代表と対戦する(シドニー・ANZスタジアム)。勝利すれば7大会連続のワールドカップ出場が決まる大一番を迎える。この重要な一戦で森保一監督はどのような布陣で臨むのだろうか。

 今回は、オーストラリア戦の予想スタメン&フォーメーションを紹介する。

■【図表】日本代表、オーストラリア代表戦予想スタメン
https://soccerhihyo.ismcdn.jp/mwimgs/b/1/750w/img_b11440920ea477d673bccc0fdd0cba7d523998.jpg

■冨安の代役と左SBは?
 GKには権田修一だ。清水エスパルスに所属する代表の守護神はここまでアジア最終予選全ての試合でゴールマウスを守っている。オーストラリアをシャットアウトしてほしい。

 アーセナルに所属するCB冨安健洋が今回の代表戦では間に合わなかった。前回の代表戦では冨安に加えて主将の吉田麻也も欠場することになったが、吉田はすでにサンプドリアでも復帰しており、今回の代表戦でも選出された。今回のオーストラリア戦では、吉田の相棒は板倉滉になるだろう。

 板倉は前回シリーズで谷口彰悟とCBを組み、サウジアラビア代表と中国代表を0に抑えた。抜群の安定感、対人と空中戦の強さを見せた。吉田の後継者候補としての呼び声も高い板倉の活躍に今回も期待がかかる。高さと強さのあるオーストラリアをどう防ぐか注目だ。

 右サイドバックの酒井宏樹も離脱。ここには山根視来だ。アウェイのベトナム、オマーン代表戦ではきっちり酒井の代役をこなした。すでにアジア最終予選を経験していることは大きい。

 そして気になるのは左サイドバック。森保監督が起用するメンバーを予想すると、やはり長友佑都になる。エースとDFの要の不在、そしてワールドカップ出場がかかる大一番。最近のパフォーマンスを指摘され中山雄太との世代交代の声があがっている長友だが、こういう時こそベテランDFの力を発揮してほしい。ただ、現地の予報では大雨。場合によってはフォーメーションやメンバーを変えたりすることも考えられる。

 長友を右SBに置き、中山を左SBに起用すること、さらにウィングバックを置き3バックに臨むことも考えられる。チームでも左ウィングバックでプレーしている三笘薫のスタメン起用もあるだろう。こういう状況だからこそ、ユーティリティ性のある旗手怜央も活きるはずだ。ピッチレベル、天候などによってはDFラインのシステムに変更があるかもしれない。

サッカー批評
https://news.yahoo.co.jp/articles/762e1630954cef44b159a1899ec75e14842b8fac

イラスト
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220323-00092614-soccerh-000-1-view.jpg?pri=l&w=640&h=640&exp=10800

【サッカー日本代表「勝てばW杯出場」の最終予選・オーストラリア代表戦〝予想スタメン〟「大雨予報」の大一番!! 大迫の代役は?】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/22(火) 06:29:57.94 ID:CAP_USER9
思わぬアウェーの洗礼に苦しめられそうだ。勝てばW杯カタール大会出場が決まるアジア最終予選オーストラリア戦(24日、シドニー)を控える日本代表は21日、シドニー郊外で合宿2日目の練習を行った。試合会場となるスタジアム・オーストラリアでは20日、13人制ラグビーの公式戦を開催したことで芝生がめくれ上がるなどピッチ状態は不良。加えて試合当日は雨予報もあり、パスサッカー主体の日本代表は割り切った戦い方も求められそうだ。

 高温多湿、シャワーの温水が出ない…。アウェーの洗礼は数あれど、オーストラリアではラグビー大国らしい手荒な歓迎が待っていた。

 オーストラリア戦が予定されている試合会場では20日、現地でサッカーよりも人気があるという13人制ラグビーのナショナル・ラグビー・リーグ(NRL)の公式戦が開催された。激しいプレーの連続に前半から芝生がはがれ、試合終了時には凸凹状態。試合までの中3日で完全に修復できるか不安が残る。

 荒れたピッチにぬかるみも加わる。24日のシドニーは降水確率80%の予報。にわか雨の可能性が高く、時間帯によっては雷雨になることもある。平均身長に勝るオーストラリアは荒れたピッチも関係なく、ロングボールやセットプレーといった“空中戦”を生かせる一方、日本のパスサッカーには不利な状況になりそうだ。

 この日、取材対応したドリブラーのMF三笘は荒れたピッチに警戒感を強める。雨の日は芝の長さもドリブルに関係するといい「少しボールが伸びることは多くて、ボールを失うリスクも高くなる」と分析。「スピードを上げすぎると、より(失う)リスクが増えるかなという印象がある」と“地上戦”の難しさを語った。

 ただ、三笘はこの逆境を好機とも捉えている。「この試合で今後のサッカー界も変わると思っている」と飛躍のきっかけにする覚悟だ。試合2日前に合流する選手もいる欧州組の中では調整時間に恵まれている。「チームとしても個人としても命懸けで戦う。代表として未来が決まる試合」と決意を語った。

スポニチ 3/22(火) 5:30
https://news.yahoo.co.jp/articles/c7d9c5229c9b127b0a085d8ad54728faa42e53d2

写真
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220322-00000013-spnannex-000-2-view.jpg?pri=l&w=640&h=426&exp=10800

【森保JAPANに“アウェーの洗礼” 警戒凸凹ピッチ、ラグビー開催ではがれた芝生、24日雨予報で状態最悪か!?】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/23(水) 11:56:41.88 ID:CAP_USER9
サッカー・ワールドカップ(W杯)カタール大会のアジア最終予選で、日本は3月24日にアウェーのオーストラリア戦に臨む。勝てば11月開幕の本大会への出場が決まる大一番だが、日本国内での映像による中継はスポーツ配信大手、DAZNに限定されている。

 地上波でW杯出場決定の瞬間が放送されない可能性がある。かつてなかった状況に、日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長は2月1日のサウジアラビア戦(埼玉)に勝利した翌日、こう危機感を口にした。

「自腹を払ってでも(地上波で中継)できないかと考えている」
「地上波でいろんな人が見ることが欠かせない。それが、ひいては(日本の)サッカー人口にも影響する」

 同28日には改めて粘り強く交渉していく考えを明かした。しかし、DAZN側はJFAに交渉を持ちかけられた事実を公表した上で「ご提案内容が、既にご加入いただいているお客さまやファンの皆様にとってフェアなものではなく、両者の共通認識として交渉は既に終了していると捉えております」とリリースで声明を発表。その“応酬”がニュースなどで伝えられると、サッカーファンを中心に大きな注目を集めた。

 JFAがより多くのファンに視聴の門戸を開こうと頑張っているようにも見えるやり取り。今回の試合が無料の地上波で見られれば、日本時間午後6時10分というゴールデンタイムのキックオフでもあり、高視聴率は確実だっただろう。実際に、2月1日のサウジ戦(午後7時10分開始)の世帯平均視聴率は関東地区で20.0%を記録した。そうした状況も踏まえ、独占での中継というスタンスを崩さないDAZNを“悪者扱い”するようなネガティブな反応が、報道を含めて一定数あるのは事実だ。

 ただ、本当にこれは的を射た意見なのだろうか。議論をする上で、まず今回のアジア最終予選を、なぜ地上波のテレビ局が放映できないのか、経緯を知っておく必要がある。

ビクトリー 3/23(水) 7:07
https://news.yahoo.co.jp/articles/1d23a8f38c483fbc58ec4a25d9fa1364ef463963

写真
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220323-00010001-victory-000-1-view.jpg?pri=l&w=640&h=450&exp=10800

【高視聴率確実も...W杯出場を懸けた大一番は地上波、なしよ DAZN独占中継は“悪”なのか?】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/18(金) 17:24:57.66 ID:CAP_USER9
W杯懸けた24日の豪州戦 ニッポン放送が生中継 檜原社長「歴史的な試合を中継したい」
3/18(金) 15:15配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/7908801fdc744d3b3a6eda53804bb8e8a07d6f2e
スポニチアネックス
ニッポン放送は18日、定例社長会見をオンラインで開き、
24日に行われるサッカーW杯アジア最終予選のオーストラリア戦を実況生中継すると発表した。

勝てば7大会連続のW杯出場が決まる大一番だが、テレビ地上波での放送は予定されていない。
檜原麻希社長は「サッカーでの生中継は我々、歴史がありまして、各W杯のドーハの悲劇とかジョホールバルの歓喜というのは中継させていただいていました」と説明。
「24日の1試合でW杯への出場が確保されるという歴史的な試合を中継したい、ということでやらせていただきます」と述べた。

映像では、映像配信サービスDAZN(ダゾーン)で有料会員だけが国内で視聴できるという状況。
檜原社長は「DAZN様とサッカー協会の間の契約ということ関して何かをしたというわけではなく、ストレートにオファーを出させていただいて調整していただいた」と、中継決定の経緯を説明した。

解説には元日本代表の中沢佑二氏、スポーツライター金子達仁氏を迎え、試合前後とハーフタイムには中山雅史氏が生出演する。
実況は大泉健人アナウンサーが務める。
放送開始は午後5時半。

【「歴史的な試合を中継したい」W杯アジア最終予選、日本vsオーストラリア ニッポン放送で生中継 3/24(木)17:30~】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/16(水) 22:14:19.14 ID:CAP_USER9
サッカー協会は、W杯アジア最終予選の放送権を持つDAZN側と地上波生放送ができるように交渉したが、事実上、白旗をあげたような状況だ。

DAZN側が協会の提案を断ったため、7大会連続W杯出場が決まる可能性のある大事な試合が地上波で流れない可能性が極めて高い。協会幹部は「ディレイ放送の可能性も含めて話はしているけれど、まだ不透明」と話すにとどめた。

日刊スポーツ 3/16(水) 18:04
https://news.yahoo.co.jp/articles/83fb1b18ae51438a09c2ce25c67c8201dc2f0660

【W杯アジア最終予選、豪州戦の地上波生放送は“白旗” 日本サッカー協会は「まだ不透明」もDAZNはすでにお断わり】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/16(水) 17:24:20.97 ID:CAP_USER9
サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会のアジア最終予選でB組2位の日本は24日、アウェーのオーストラリア戦に臨む。勝てば11月開幕の本大会への7大会連続出場が決まる大一番だが、地上波での放送は予定されていない。国内で中継を視聴できるのは、映像配信サービスDAZN(ダゾーン)の加入者のみとなる。

 昨年9月に始まった最終予選はDAZNが放送権を獲得し、全試合を配信してきた。日本のホーム戦はテレビ朝日が放送してきたが、アウェー戦は地上波などでのテレビ放送はなかった。アジア・サッカー連盟(AFC)が管理する放送権料の高騰に加え、中東などで行うアウェー戦は深夜帯で高視聴率が期待できないことも要因となった。

 日本サッカー協会の田嶋幸三会長は2月に「自腹を少し払ってでも地上波で放送できないだろうか。とにかく多くの人に見てほしい」と語り、オーストラリア戦に向けてDAZNを含む関係先との交渉・調整に乗り出したが実現しなかった。DAZNは「加入いただいている皆様にとってフェアなものではない」とコメントした。

 鹿屋体育大の森克己教授(スポーツ法学)は「注目されてきたスポーツイベントで、誰もが無料で視聴できるわけではないという環境が続けば、その競技の人気低下につながる恐れもある。統括する競技団体は、魅力を伝えるためにも適正な放送権料を設定する必要がある」と話す。

毎日新聞 3/16(水) 14:00
https://news.yahoo.co.jp/articles/a05737b7fc7fdab0c8e0f605092f0644df19dc75

写真
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220316-00000052-mai-000-1-view.jpg?pri=l&w=640&h=576&exp=10800

【W杯懸けた大一番!日本代表の24日豪州戦...地上波放送なし!視聴できるのはDAZNの加入者のみ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/17(木) 11:50:12.72 ID:CAP_USER9
オーストラリアサッカー協会(FFA)は17日、FIFAワールドカップカタール2022アジア最終予選に臨むオーストラリア代表メンバーを発表した。

 ここまでのアジア最終予選を4勝3分け1敗でグループBの3位につけるオーストラリア代表は、24日にホームで勝ち点「3」差で2位の日本代表と、29日にはアウェイで勝ち点「4」差で首位に立つサウジアラビア代表とそれぞれ対戦する。

 グラハム・アーノルド監督はワールドカップ出場を懸けた大一番に向けて27名を招集。FWミッチェル・デューク(ファジアーノ岡山)やMFトム・ロギッチ(セルティック)らが選出された。

 また、今回のメンバーの中にはU-17ウルグアイ代表の経験を持つ34歳のFWブルーノ・フォルナローリ(パース・グローリー)が初招集された。同選手はウルグアイ出身であるものの、同国でA代表の出場はなく、オーストラリアの市民権を持っていることから、FFAはFIFA(国際サッカー連盟)に対し代表変更を申請中であることを明らかにしており、日本戦までに承認されることが見込まれているようだ。

 発表されたオーストラリア代表メンバー27名は以下の通り。なお、FWジェイミー・マクラーレン(メルボルン・シティ)は結婚式のために日本戦後にチームを離れるという。

▼GK
アンドリュー・レッドメイン(シドニーFC)
マシュー・ライアン(レアル・ソシエダ/スペイン)
ダニエル・ヴコヴィッチ(ナイメヘン/オランダ)

▼DF
ナサニエル・アトキンソン(ハート・オブ・ミドロシアン/スコットランド)
アジズ・ベヒッチ(ギレスンスポル/トルコ)
ミロシュ・デゲネク(コロンバス・クルー/アメリカ)
ライアン・グラント(シドニーFC)
フラン・カラチッチ(ブレシア/イタリア)
ジョエル・キング(オーデンセ/デンマーク)
キー・ロールズ(セントラルコースト・マリナーズ)
トレント・セインズベリー(コルトレイク/ベルギー)
ジアンニ・ステンスネス(バイキング/ノルウェー)

▼MF
デニス・ジェンロー(トゥールーズ/フランス)
アルディン・フルスティッチ(フランクフルト/ドイツ)
ジャクソン・アーヴァイン(ザンクトパウリ/ドイツ)
ジェームズ・ジェゴー(オイペン/ベルギー)
コナー・メトカーフ(メルボルン・シティ)
トム・ロギッチ(セルティック/スコットランド)

▼FW
マーティン・ボイル(アル・ファイサリー・ハルマ/サウジアラビア)
ニコラス・ダゴスティノ(メルボルン・ビクトリー)
ミッチェル・デューク(ファジアーノ岡山/日本)
ブルーノ・フォルナローリ(パース・グローリー)
クレイグ・グッドウィン(アデレード・ユナイテッド)
マシュー・レッキー(メルボルン・シティ)
アワー・メイビル(カスムパシャ/トルコ)
ジェイミー・マクラーレン(メルボルン・シティ)
マルコ・ティリオ(メルボルン・シティ)

サッカーキング 3/17(木) 11:32
https://news.yahoo.co.jp/articles/7c7cda0cc43126af31fe5100e4926a1b1e072e9f

写真
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220317-01630851-soccerk-000-1-view.jpg?exp=10800

【W杯アジア最終予選 オーストラリア代表メンバー27名を発表!24日には日本と対戦】の続きを読む

このページのトップヘ