SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

W杯カタール大会

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/02(土) 03:48:59.81 ID:CAP_USER9
11月21日に開幕するW杯カタール大会の組み合わせ抽選が1日(日本時間2日)にドーハで行われ、森保一監督(53)率いる日本代表はスペイン、ドイツ、北中米カリブ海とオセアニアの大陸間プレーオフ勝者(コスタリカまたはニュージーランド)と同じ1次リーグE組に入った。
大会第3日の23日に初戦でドイツと、第2戦は27日にコスタリカとニュージーランドのプレーオフ勝者、12月1日の最終戦でスペインと対戦する。

優勝経験のあるスペイン、ドイツという欧州の強豪と同組という、日本にとっては“超死の組”。SNSではE組に決まった途端、ヤフーリアルタイム検索で「死の組」というワードが急上昇。
「死の組すぎて涙出てきた」「スペインとドイツと戦うの見れるから個人的にはちょっと嬉しい」「どうせなら強いところとやったほうがいい」「この組を日本が抜けたら日本の強さは本物」「日本代表の実力が試される」などの声が上った。

1次リーグの組分けは以下の通り。

A組 カタール、エクアドル、セネガル、オランダ

B組 イングランド、イラン、米国、欧州プレーオフ勝者

C組 アルゼンチン、サウジアラビア、メキシコ、ポーランド

D組 フランス、大陸間プレーオフ勝者、デンマーク、チュニジア

E組 スペイン、大陸間プレーオフ勝者、ドイツ、日本

F組 ベルギー、カナダ、モロッコ、クロアチア

G組 ブラジル、セルビア、スイス、カメルーン

H組 ポルトガル、ガーナ、ウルグアイ、韓国

https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2022/04/01/kiji/20220402s00002009110000c.html
https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2022/04/01/jpeg/20220402s00002009112000p_view.webp

【W杯1次L組み合わせ、日本は壮絶すぎる“死の組”!深夜の列島悲鳴「涙出てきた」「実力が試される」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/01(金) 22:07:06.26 ID:CAP_USER9
【ドーハ(カタール)3月31日=磯綾乃】  

サッカー日本代表の森保一監督(53)が、W杯カタール大会(11月21日開幕)の組み合わせ抽選会が行われるドーハに到着した。W杯のチケットとともに、ついに戻ってきた因縁の「ドーハの悲劇」の地。1次リーグから強豪国と対戦する可能性もあるが、指揮官は「戦えることにワクワク」と表現。“死の組”も歓迎する心構えだ。組み合わせ抽選会は4月1日午後7時(日本時間2日午前1時)に始まる。

カタールの空が一気に明るくなった午前6時過ぎ。全身を覆った民族衣装  
ん白いトーブ姿の男性や黒いアバヤ姿の女性も行き交うハマド国際空港。グレーのニット姿で現れた森保監督は、気負いもなく穏やかな表情を浮かべていた。

「ワールドカップに出てくるチームはもう、どこも世界的に強豪国になる。どこと当たるにしても、世界の強豪と戦えることにワクワクしながら、抽選会に臨みたいなと思います」

3月31日に国際サッカー連盟(FIFA)によるランキングが決定し、日本は23位が確定。組み合わせ抽選会で、第3ポットに入ることが決まった。第1ポットには前回優勝国のフランスにランキング1位のブラジルやスペイン、イングランドといった強豪国がずらり。続く第2ポットにも、ドイツやオランダという名前が並ぶ。

1次リーグから強豪国との対戦が続く可能性もあるが、指揮官は恐れていない。4年に1回の世界一を決める舞台には、簡単な試合など1つもない。ならば、名だたる国との対戦もウエルカム。例え“死の組”だったとしても、戦える喜びを感じながら勝利をつかみに行くつもりだ。

約30年前の「悲劇」を「歓喜」に変えるチャンスでもある。森保監督が現役選手だった93年。日本はこのドーハの地で、終了間際の失点であと1歩のところでW杯の切符を逃した。ピッチ上で味わった「ドーハの悲劇」。森保監督はかつて「ドーハの思い出は過去のことで、完全に個人的なこと」と話していたが、都市の名を聞けば思い出すファンも少なくないだろう。

今回のアジア最終予選を戦ったメンバーの中で、当時生まれていなかった選手も増えてきた。それでも、先人たちが悲劇を乗り越えたからこそ、7大会連続W杯出場という脈々と受け継がれてきたものがある。

ドーハの道路沿いにはW杯開催を祝う旗が並び、市内の至るところにW杯のロゴを見ることができる。日本にとって悲劇の記憶が残る街はもう、世界最高峰の戦いを繰り広げる準備ができている。ベスト8進出を目標に掲げる今回。日の丸を背負った2022年の代表戦士とともに、30年越しの歓喜の瞬間を目指す。

◆抽選方式と大会方式 3月31日付のFIFAランキングに基づき、本大会に出場する32チームを8チームずつ4段階に格付けして上位から第1~4ポットに分ける。第1ポットは開催国のカタールに、ブラジルを筆頭にランキング最上位の7チームが入る。6月のプレーオフで出場が決まる3チームは第4ポットへ。同じポット同士のチームは1次リーグでは対戦しない。抽選は第1ポットから順に行われ、各ポットから1チームを1次リーグA-Hの8組に振り分ける。同じ大陸連盟のチームは同じ組とならないが、13チームが出場する欧州のみ同組に最大2チームが入る。 決勝トーナメント(T)は各組上位2チームが進出。1次リーグの順位決定は(1)総勝ち点(2)全体の得失点差(3)総得点。仮に2チーム以上が並んだ場合は(4)当該チーム間の勝ち点(5)同得失点差(6)同総得点(7)フェアプレーポイント数の順で決める。また、決勝T1回戦の組み合わせは、A組とB組、C組とD組、E組とF組、G組とH組の各1位チームと2位チームが対戦する従来通りの形式になる。


日刊スポーツ https://www.nikkansports.com/m/soccer/japan/news/202203310001066_m.html?mode=all

【“死の組”歓迎 日本代表の森保一監督「世界の強豪と戦えることにワクワクしながら、抽選会に臨みたいなと思います」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/26(土) 06:52:15.46 ID:CAP_USER9
22年ワールドカップ(W杯)カタール大会の組み合わせ抽選会は4月1日(日本時間2日午前1時)にドーハで行われる。出場チームを3月31日付の国際サッカー連盟(FIFA)ランキングを基に第1~4ポットの順に振り分け、開催国カタールと上位7チームが第1ポットに入る。

【W杯予選】日本代表カタール切符!宿敵オーストラリア破り7大会連続7度目/ライブ詳細>>
同じポットは1次リーグで同組にならない。今月で出場32チーム中29チームが決定し、残り3枠のチームは第4ポットに振り分けられる。6月にアジア-南米、北中米カリブ海-オセアニアの大陸間プレーオフで2枠、ロシアの侵攻により延期となったウクライナが参加する欧州予選プレーオフの1枠が決まる。

抽選は同組に最大2チームが入る可能性のある13チーム出場の欧州を除き、同じ地域連盟の国が同組に入らないように調整される。1次リーグ8組のうち、欧州の2チームが入る組は5つになる仕組み。

7大会連続の出場を決めた日本の現在のFIFAランクは23位。出場国は確定しておらず、FIFAランキングも変動するが、現時点で出場の可能性が残る日本よりランク上位の国が全て出場を決めても日本は第3ポット。前回18年ロシア大会の抽選時はFIFAランク44位で第4ポットとなり、1次リーグでポーランド、セネガル、コロンビアと同じH組に入った。

日刊スポーツ [2022年3月24日21時24分]
https://www.nikkansports.com/m/soccer/japan/news/202203240001332_m.html?mode=all

【〝W杯カタール大会組み合わせ抽選会〟4月1日!日本は第3ポットか、18年は第4ポット】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/15(火) 19:25:52.25 ID:CAP_USER9
3/15(火) 18:30配信
デイリースポーツ

 日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長(64)が15日、インターネットテレビ局「ABEMA」が11月に開幕するW杯カタール大会の全64試合を無料生中継すると発表したことを受けてコメントを出した。

 田嶋会長は「先日、NHKさん、テレビ朝日さん、フジテレビさんでワールドカップカタール大会を地上波などで放送することの発表に続き、本日、全試合を無料生中継で放送することがABEMAさんから発表されました。ワールドカップは全ての試合が高いレベルで行われ、サッカーファンのみならず多くの方を魅了する大会です。全ての試合を日本で観られることになり、一人のサッカーファンとしてとても楽しみにしていますし、ABEMAさんに心から感謝したいと思います」と謝意を述べた。

 日本は24日の最終予選オーストラリア戦に勝てば7大会連続7度目のW杯出場が決まる。田嶋会長は「まずは、SAMURAI BLUEがワールドカップ出場の切符を勝ち取れるように、サッカー界全体でサポートしていきたいと思います」と後押しを約束した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/75061131796ca7aea71c11add7d664d760ff63c3

【日本サッカー協会田嶋会長「心から感謝」 〝ABEMA〟のW杯全試合生中継】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/08(火) 13:57:23.62 ID:CAP_USER9
3/8(火) 12:30
スポニチアネックス

サッカーW杯カタール大会 NHK&テレ朝&フジが放送権獲得!NHK21試合、テレ朝&フジ各10試合

 NHK、テレビ朝日、フジテレビは8日、今年11〜12月に開催される「FIFAワールドカップ カタール2022」(11月21日〜12月18日)の放送権を獲得したと正式発表した。全64試合のうち、NHKは開幕戦・決勝戦を含む21試合(地上波・衛星波・音声波)、テレ朝とフジはそれぞれ10試合(地上波)を生中継予定。放送カードは今後、発表される。4月1日(現地時間)にカタールで行われる組み合わせ抽せんはNHK総合で生中継の予定。

 出場32カ国をめぐる予選が続く中、日本代表は今月24日のオーストラリア戦(アウェー)に勝利すれば、7大会連続出場が決定。前回ロシア大会優勝のフランスをはじめ、ブラジル、アルゼンチン、ドイツ、スペインなどの強豪国は既に出場を決めている。

 今大会は、インターネットテレビ局「ABEMA」が全試合の放映権を獲得。日本が出場した際、1次リーグの日本戦3試合はNHK、テレ朝、フジの3局が生中継。スポニチ本紙の取材によると、放映権の全購入額は「180億円近く」(民放関係者)。NHKが全体の半分、ABEMAとテレ朝連合が残りの大半を負担し、最後にフジが参入した。日本代表が決勝トーナメントに進出した場合も、この3局が放送するとみられる。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220308-00000096-spnannex-000-14-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/06dc667d01a0e67f56f3a5ec441d679dc506d73f

【サッカーW杯カタール大会 NHK&テレ朝&フジが放送権獲得!NHK21試合、テレ朝&フジ各10試合】の続きを読む

このページのトップヘ