SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

W杯

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/10(月) 12:29:09.32 ID:CAP_USER9
 【マンモスマウンテン(米カリフォルニア州)=時事】スノーボードのワールドカップ(W杯)は8日、米カリフォルニア州マンモスマウンテンで男女ハーフパイプ第2戦が行われ、男子は平野歩夢(TOKIOインカラミ)が決勝で95・80点をマークして2017年12月以来、4季ぶりの優勝を果たした。W杯通算4勝目。開幕戦を制した平野流佳(太成学院大)が93・40点で2位に入り、昨季世界選手権王者の戸塚優斗(ヨネックス)は9位だった。女子は20歳の冨田るき(チームJWSC)が89・40点でW杯初優勝。姉の冨田せな(アルビレックス新潟)も3位に入り、姉妹で表彰台に乗った。

読売新聞
https://news.yahoo.co.jp/articles/d310395e9364b767c9b3d56db3bb5d5eb03c2f11

【スノーボードW杯男女ハーフパイプ第2戦 平野歩夢、4季ぶりの優勝! 女子は冨田るき・せな姉妹が表彰台】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/07(金) 05:56:57.95 ID:CAP_USER9
1/7(金) 5:05配信 共同通信
https://news.yahoo.co.jp/articles/353b9a61d0d70f39304321ffa2f2a7b5df4bc7f0

 【ビショフスホーフェン(オーストリア)共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子個人第13戦を兼ねたジャンプ週間最終戦(ヒルサイズ=HS142メートル)は6日、オーストリアのビショフスホーフェンで行われ、小林陵侑(土屋ホーム)が3季ぶり2度目の総合優勝を果たした。最終戦は5位で、史上初の2度目の完全制覇は逃した。

 ジャンプ週間3連勝で最終戦を迎えた小林陵は、2回とも133.5メートルの合計277.8点だった。佐藤幸椰(雪印メグミルク)が281.1点で今季自己最高の4位に入った。優勝はダニエル・フーバー(オーストリア)でW杯初勝利。

Official Results
https://medias4.fis-ski.com/pdf/2022/JP/3821/2022JP3821RL.pdf

4 Hill Tournament
https://medias2.fis-ski.com/pdf/2022/JP/3821/2022JP38214H.pdf

World Cup Standing
https://medias3.fis-ski.com/pdf/2022/JP/4033/2022JP4033WC.pdf

【小林陵侑、ジャンプ週間2度目の総合優勝 最終戦ビショフスホーフェン 5位、完全Vは逃す】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/02(日) 00:36:00.45 ID:CAP_USER9
1/2(日) 0:30
配信
共同通信   

https://news.yahoo.co.jp/articles/363250649e23f685ceede67de5d1a52fba8d3f99

 【ガルミッシュパルテンキルヘン(ドイツ)共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子個人第11戦を兼ねたジャンプ週間第2戦は1日、ドイツのガルミッシュパルテンキルヘンで行われ、小林陵侑(土屋ホーム)が優勝し、ジャンプ週間2連勝を果たした。

Official Results
https://medias3.fis-ski.com/pdf/2022/JP/3854/2022JP3854RL.pdf
 
World Cup Standing
https://medias2.fis-ski.com/pdf/2022/JP/3854/2022JP3854WC.pdf

4 Hill Tournament
https://medias1.fis-ski.com/pdf/2022/JP/3854/2022JP38544H.pdf

【ノルディックスキーW杯ジャンプ男子 小林陵侑がジャンプ週間2連勝 ガルミッシュパルテンキルヘンで優勝】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/12/30(木) 06:50:36.05 ID:CAP_USER9
12/30(木) 5:16配信 日刊スポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/2937aa2b13f1c1a79128be6a1c099fd3d535fe55

<ノルディックスキー:ワールドカップ(W杯)ジャンプ男子>◇個人第10戦◇29日◇ドイツ・オーベルストドルフ(ヒルサイズ=HS137メートル)

小林陵侑(25=土屋ホーム)は合計302・0点で2連勝を挙げた。今季4勝目。

年末年始恒例の伝統のジャンプ週間開幕戦を兼ねて行われ、4戦全勝での総合優勝を果たした18-19年以来3季ぶり2度目の制覇を目指し初戦を制して好スタートを切った。

2人1組の勝者が2回目に進むノックアウト方式で争われ、1回目は日本勢対決だった。予選1位だった小林陵は同50位だった伊東大貴(36=雪印メグミルク)と対戦し、128・5メートルで退けた。5位で迎えた2回目は直前でスタート位置が1段下げられるも、最長不倒の141メートルを飛んで逆転勝ちした。唯一の合計300点台をたたき出し、年内最後の試合(本戦)を圧勝で締めた。

オミクロン株感染拡大の影響で無観客で実施された。

https://youtu.be/Y25cmqOCydY

Official Results
https://medias2.fis-ski.com/pdf/2022/JP/3852/2022JP3852RL.pdf

World Cup Standing
https://medias2.fis-ski.com/pdf/2022/JP/3852/2022JP3852WC.pdf

4 Hill Tournament
https://medias2.fis-ski.com/pdf/2022/JP/3852/2022JP38524H.pdf

【スキージャンプW杯個人第10戦 小林陵侑ジャンプ週間初戦オーベルストドルフ勝利!!W杯今季4勝目、年内逆転優勝締め】の続きを読む

このページのトップヘ