SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

WBC

1: 名無しさん@恐縮です 2023/02/08(水) 12:16:53.10 ID:8Slppqxl9
2/8(水) 4:00配信

 ソフトバンクに昨季まで在籍し、今年は社会人野球の日立製作所でプレーする真砂勇介外野手(28)が、3月の第5回WBCに中国代表として出場することが7日、分かった。父が中国国籍を持っており、WBCは初出場。中国代表では中心選手として期待されており、4番打者の筆頭候補とみられている。

 真砂は京都府出身。高校通算52本塁打を放った京都・西城陽高で甲子園出場はなく、ドラフト4位で2013年にソフトバンクに入団。在籍10年間で通算180試合に出場して、打率2割1分9厘、3本塁打、16打点。チームでは思うような成績を残せなかったが、入団時から潜在能力の高さを認められ、「ミギータ(右の柳田)」の愛称でファンから親しまれた。

 16年にはU-23(23歳以下)ワールドカップ(W杯)の日本代表として優勝。全9試合に4番として出場し、打率3割8分7厘、14打点、4本塁打の活躍でMVPとベストナインに選ばれた。延長10回に2-1でサヨナラ勝ちした韓国との2次リーグ初戦では、7回に貴重な同点ソロを放つ勝負強さを見せた。

 WBCで3大会ぶりの頂点を狙う日本は、3月9日に東京ドームでの1次リーグB組初戦で真砂が加わる中国と対戦。これまで以上に手ごわい相手となる可能性もありそうだ。

西日本スポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/125cb0bf903ee73a0913719b5e60016c00b65073

【「ミギータ」こと元ソフトバンク真砂勇介がWBC中国代表入り 4番打者筆頭候補、日本と1次ラウンド初戦で激突】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/02/08(水) 10:26:58.00 ID:UN0rkIG99
2023/02/08 07:43
https://www.yomiuri.co.jp/sports/wbc/20230207-OYT1T50208/

 3月に開催されるWBCのルールが7日、主催者から発表された。

 試合は昨季の米大リーグで実施されたルールに従い、エンゼルス・大谷の「二刀流」の活躍を後押しした「大谷ルール」を採用。先発投手が指名打者(DH)を兼務することを可能とし、投手として降板後もDHとして出場できる。ワンポイントリリーフは禁止され、投手は原則少なくとも打者3人か、イニング終了まで投げる必要がある。延長戦のタイブレイク制は前回の十一回以降から十回に変更され、無死二塁で始まる。

 投手の球数制限は前回を踏襲し、1次ラウンドは1試合65球、準々決勝は80球、準決勝以降は95球。1次ラウンドでチームの勝率が並んだ場合は当該チーム間の勝敗、失点率などの順で順位を決め、各組上位2チームが準々決勝に進出する。

https://www.yomiuri.co.jp/media/2023/02/20230207-OYT1I50165-1.jpg
記者会見を終えポーズをとる大谷翔平(1月6日)

https://www.yomiuri.co.jp/media/2023/02/20230207-OYT1I50167-1.jpg
2023WBCの主なルール

【WBC、ワンポイントリリーフ禁止に…大谷ルール採用も正式発表「二刀流」後押し】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/02/07(火) 10:39:28.10 ID:tUCQVC4v9
Full-Count 2/7(火) 7:06

1月にツインズと6年265億円で再契約、妻が第2子を出産予定
ツインズのカルロス・コレア

 ツインズのカルロス・コレア内野手がプエルトリコ代表での第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)への出場を辞退したと米メディア「ジ・アスレチック」が伝えた。コレアの妻・ダニエラさんが大会期間中に第2子を出産予定だという。

 通算155本塁打を誇るコレアは、1月にツインズと6年2億ドル(約265億2500万円)で再契約した。オフにはジャイアンツ、メッツと合意したと報じられたものの、両球団とも入団直前の身体検査で右足首の状態に難色を示したため契約白紙となっていた。昨季は136試合出場して打率.291、22本塁打、64打点。

 2017年の第4回WBCでは三塁手として出場。2大会連続の準優勝へ導き、大会最優秀三塁手に選出されていた。

Full-Count編集部
https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/4e772ba943066cfc9d20806a697bbd2f5bb7d513&preview=auto

【MLB通算155発コレア、WBCプエルトリコ代表を辞退 妻が出産予定、前回準V貢献】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/02/06(月) 19:23:41.48 ID:ClgpXCdP9
2/6(月) 19:00配信 朝日新聞デジタル
https://news.yahoo.co.jp/articles/310d778c9738ee87152ed06a2c45fc2799f4aae3

 WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)日本代表の宮崎市の合宿について、宮崎県や宮崎市などによる合宿受入実行委員会は、2月17日から27日にかけての練習日と25、26日の壮行試合の入場チケットが6日時点でほぼ完売したと発表した。この期間の駐車場もほぼ埋まっているという。

 合宿会場となる「ひなたサンマリンスタジアム宮崎」の観客席数は練習日(20日と24日は休養日)が1万8千席、壮行試合が2万5千席。入場整理券はインターネットサイト「ローソンチケット」で販売されており、まだ空席がある可能性もあるという。

 駐車場は、ひなたサンマリンスタジアム宮崎(約1千台収容)のほかに宮崎市内に5カ所の臨時駐車場(計約3400台)を設けるが、いずれも満車になりつつある。車で約30分かかるリゾート施設「シーガイア」の立体駐車場に若干余裕があり、これも「ローソンチケット」で予約できるという。(石川雅彦)

【WBC日本代表の宮崎合宿、6日時点で入場チケットほぼ完売】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/02/06(月) 15:43:46.24 ID:/1yZljIR9
Full-Count 1/24(火) 14:51

マンシーニはカブスと2年契約を結んだばかり……

カブスのトレイ・マンシーニ
 3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に臨むイタリア代表に痛すぎるニュースだ。主砲として期待されていたトレイ・マンシーニ内野手(カブス)が出場を辞退すると米メディア「CHGOスポーツ」のカブス番ライアン・へレイラ記者が伝えた。

 30歳のマンシーニはオリオールズ時代の2019年に35本塁打をマーク。2020年開幕前に大腸癌の手術を受けたが、2021年に復帰。147試合出場で打率.255、21本塁打、71打点でカムバック賞を受賞した。昨季中にアストロズにトレード移籍してワールドシリーズ制覇を経験。通算125本塁打を誇る右のスラッガーはFAとなったオフにカブスと2年契約を結んでいた。

 野茂英雄氏とドジャース時代にバッテリーを組んでいたマイク・ピアザ監督自らが選手をスカウトしていた。マンシーニは主軸と期待されていた。へレイラ記者は「マンシーニは結局WBCでイタリア代表としてプレーしないと話した。スプリングトレーニング中ずっと(所属チームに)いることが、本人にとってもチームにとっても有益だと話した」と伝えた。

 中継ぎ右腕アダム・オッタビーノも一時はイタリア代表入りが伝えられていたが、米国代表で出場することが内定している。2013年大会の2次ラウンド進出が最高成績となっているが、主砲離脱の危機を乗り越えることができるか。

Full-Count編集部
https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/8c2b8074b6c2360f4784a2cab84b06c075f93f9f&preview=auto

【WBCイタリア代表に受難 通算125発マンシーニも出場辞退、野茂氏“相棒”がスカウトも】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/02/04(土) 15:41:46.05 ID:SMjs4udn9
 3月に開催される第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の優勝候補、ドミニカ共和国の先発投手として予備登録選手リストに入っていたヤンキースのルイス・セベリーノ(28)、ブルワーズのフレディ・ペラルタ(26)両投手が出場しない、と2日(日本時間3日)、同国のヘクター・ゴメス記者が自身のツイッターで伝えた。

 同記者は前日に球団から不参加が発表されたマリナーズのルイス・カスティーヨ投手を含む3人の名前を挙げ、「3人全員が球団から大会不参加の要請があったと言っている」とつづった。

 8年目のセベリーノは昨季、19試合に登板し、7勝3敗、防御率3・18。19勝を挙げた18年以来、4年ぶりに年間100イニングを投げたが、広背筋を痛めて2度の故障者リスト入り。昨季4勝のペラルタは右肩痛で5月末から約2カ月の離脱を余儀なくされている。

 特にヤンキースは先発ローテーションの一角を担うモンタスが右肩痛で開幕出遅れは必至の状況。これ以上、先発の駒を失いたくないチームはWBC登板の影響を考慮して50勝右腕に辞退を勧めたとみられる。

 第3回大会以来、2大会ぶりの優勝を期待されているドミニカ共和国は当初予定されていた先発6人のうち3人の不参加が決定。戦力ダウンの感は否めないが、同記者は「私たちの国には十分な才能と層の厚さがある。楽観視している」と、前向きな姿勢を見せた。

 ドミニカ共和国は2月上旬に最終登録メンバー30人と補欠5人を決定する予定。
1次ラウンドはD組でベネズエラ、プエルトリコ、イスラエル、ニカラグアと戦う。勝ち進めば、日本とは準決勝で顔を合わせる可能性がある。

デイリースポーツ

https://news.yahoo.co.jp/articles/953022c46a423904c6cc95a824e10e7ce5e360f2

依頼
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1675251301/229

【WBC優勝候補のドミニカ共和国 セベリーノら先発陣辞退者続出 地元記者は楽観視「層は厚い」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/02/04(土) 15:37:17.52 ID:SMjs4udn9
 今オフ、オリックスから西武に移籍した張奕投手が、台湾代表として選出されていた3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)出場を辞退することが明らかになった。台湾メディア「自由時報」などが伝えている。

 西武も3日、6日からのキャンプで張奕を2軍にあたるB班に配置換えすると発表していた。張奕は同日、フェイスブックでメッセージを発表。右肩に炎症がみつかり、話し合いの結果WBCへの出場を辞退するとしている。さらに「とても悔しい」とつづった。

 昨季はオリックスで15試合に投げ防御率2.36。オフにはFA移籍した森友哉の補償選手として西武に移籍し、リリーフ陣の一角として期待されていた。それは台湾代表でも同様で、自由時報は「突然の怪我による辞退は、台湾の投手力に大きな打撃を与える」と報じている。張奕は「台湾代表の10番目の選手として、ファンの皆さんと一緒に台湾チームが東京での準々決勝に進むことを願っています」とし、台湾の善戦を願った。

Full-Count編集部

https://news.yahoo.co.jp/articles/14a7234e152c299e76ce933a5480396187c3598b

依頼
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1675251301/230

【WBC台湾代表に痛手、西武・張奕が出場辞退へ 地元メディア伝える…右肩炎症「とても悔しい」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/02/05(日) 06:54:30.31 ID:miIFIWt79
大谷翔平&佐々木朗希らと共闘「すごくうれしいです」

 パドレスのダルビッシュ有投手は4日(日本時間5日)、本拠地でのファン感謝イベントに参加し、報道陣に対応。3月に開催されるワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に向け日本人の中で一番勝つのに一番いいと思われるメンバーの中に選んでもらったので、年齢一番上ですし、いろんな若い選手とコミュニケーションを取れたら」と語った。

 エンゼルス・大谷翔平投手と共闘することを問われると「初めてなので、いつ合流するのかは分からないですけど、大谷くんだけじゃなくて、佐々木(朗希)くんであったりとか、一緒にプレーしたことない選手ばかりなので、みんなと一緒にプレーできるのがすごくうれしいです」と期待。2月17日からの宮崎キャンプ初日からチームに合流する決断には「僕としては難しい決断じゃない。パドレス球団がOKするのが一番難しい決断だったと思う」と感謝した。

 3大会ぶりの世界一が宿命づけられた侍ジャパン。栗山英樹監督をはじめ、選出された若手選手らもすでに重圧を感じているが、米国から報道を見ていたチーム最年長右腕は「気負いすぎ。戦争に行くわけじゃないですし」ときっぱりという。

 その上で「自分たちは好きな野球をやってきて、その中で日本選手の中の大会に勝つためのベストメンバー。オールスター中のオールスターだと思う」と強調。特別な舞台を意気に感じてプレーすることが最前提で「気負って体が固まってガチガチになって、もし米国に負けたとしても日本帰れないというマインドでいてほしくない。気負う必要はないと伝えたい」とらしい助言をした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/86f254a451c7d555fe5553ed6af782ae9b3f5bb7

【ダルビッシュ、侍ジャパンは「気負いすぎ」 チーム最年長が助言「戦争に行くわけじゃない」】の続きを読む

このページのトップヘ